FC2ブログ
では予告通り前記事の続きでお宿のご紹介です



16時にお宿に着きました (18時ディナーなのでそれまでに着かなくてはなりません)

SN3S0550_20180821163103c3b.jpg

選んだお宿は、小さなオーベルジュ てぃんくる

道東の食材を生かした本格コースディナー。朝食には北海道産小麦を使った自家製
パン。庭を彩る季節の草花。天然温泉露天風呂付客室ををご用意しています。豊かな
森の息吹を感じる癒しの時をお過ごしください



到着した途端、車の方へ来たにゃんこ

SN3S0551_20180821163105312.jpg

Zくんにすぐ腹を見せた、懐っこいにゃんこでした

SN3S0552_20180821163106a72.jpg

画像の建物の右側が受付&レストランとなっており、右側通路の

その奥隣がお宿


SN3S0553_2018082116310896f.jpg

画像右側

SN3S0554_20180821163110b63.jpg

通路左右のお庭は、食べられる物ばかり  ズッキーニや疲れ

を取るお花
          まずは左の館で受付

SN3S0555_20180821163122643.jpg

中に入って更に扉の中が受付&レストラン   あっしはこの扉の

中で待機
          では隣の館へ行きます

SN3S0556_20180821163135b91.jpg



深い木々の緑。初夏のお庭


館の出入り口

SN3S0557_20180821163137655.jpg

扉開けると目の前達が飛び回ってるのですぐ閉めます)

SN3S0558_201808211631526ea.jpg

左右の扉分、4部屋のみ  真ん中の扉は開けられません
(2階へ通じる階段の様です。満室時泊まれるお部屋が口コミではあるらしい)


奥から玄関方面を

SN3S0559_20180821163153602.jpg

お靴を脱いで入ります。

SN3S0561_2018082116321314c.jpg

あっしらは玄関入って左奥になり

SN3S0580_20180821163459b21.jpg

フランス語で春夏秋冬だそうで、あっしらは冬

SN3S0562_20180821163214320.jpg

中を覗いて

SN3S0563_20180821163229f74.jpg

この通り、TVがございません・・・(衝撃的だった・・・)



客室は、本館ログハウス隣の宿泊棟になります。


奥から出入り口方面を

SN3S0564_2018082116323025e.jpg

ベッド上の照明スイッチ名からして、そこはダイニングだった様です。

SN3S0565_201808211632471dd.jpg

いつも低反発を敷いて寝てるぽんなので、めちゃくちゃ固くて

疲れたベッドでした・・・


SN3S0566_20180821163248200.jpg

ソファ~前

SN3S0567_20180821163249431.jpg

冷蔵庫内はドリンク入ってまして、有料です。

SN3S0568_20180821163251575.jpg

いよいよ奥の扉を開けます

SN3S0569_20180821163340d9c.jpg

目の前下のお籠

SN3S0579_20180821163458993.jpg

作務衣でした  

ゆっくりとお寛ぎ頂けるよう、部屋着に作務衣をご用意しています        


左にも扉ありますが、右の扉から

SN3S0570_2018082116334185d.jpg

左、普通のシャワ~ブ~ス

SN3S0571_2018082116334343a.jpg

普通~~だけど、結構使用しました。

SN3S0572_201808211633443be.jpg

左の扉

SN3S0573_20180821163346daf.jpg

画像右側にミラ~

SN3S0574_201808211633475ce.jpg

では左の扉を開けま~~す

SN3S0575_20180821163349820.jpg

ヌプリオンド温泉(天然温泉100%)

SN3S0576_2018082116340663a.jpg

右、覗いて

SN3S0577_2018082116342673a.jpg

上に見える黄色い電気で、虫避けになってます。

SN3S0578_2018082116345618c.jpg

なかなかいいお湯加減で気持ちが良かったのですが、虫との

闘いで・・・
     自殺してる虫達も怖くて・・・(苦手なのです)


Zくん番頭さんにいつもなんとかしてもらってました。


【フルボトルワイン1本サービス!】
露天風呂付客室エトワール Vinoプラン【道産和牛】



ここは、傍に屈斜路湖(くっしゃろこ=日本最大のカルデラ湖)がある

弟子屈町
(てしかが ちょう)と言うところです。






次回はお食事のご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  本日のデッカイドウ午前中で気温29℃。明日29℃。

夜は20℃切らないから、また蒸して寝苦しくなりそうです・・・


今宵のピアノレッスン・・・  等々練習出来ずだったので

せんせも用事入れたい様だったからお休みしました・・・


明日はZくんリフレッシュ休暇

なら、あっしの昼食は何にしよう・・・と悩み中・・・





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします

















スポンサーサイト
では予告通り前記事の続きで遺跡のご紹介です



このまま、カ~ド物で終ってしまう釧路方面旅行・・・


なので釧路方面へ行ったら何を観光するか・・・と思い、本州旅行

時の様にネットで調べたら、庶路ダム近場に遺跡発見
(13:40)

SN3S0513_20180817162121400.jpg

釧路市 北斗遺跡 (ほくと)        矢印方向へ走って行きます
  
SN3S0514_201808171621231c7.jpg

旧石器時代から縄文・続縄文時代を経て擦文(さつもん)時代に至る重複遺跡で、釧路
湿原を望む標高20m前後の台地上の東西2,500m・南北500mの範囲に、縄文・続縄文
時代の浅い円形・楕円形竪穴102軒、擦文時代の四角形竪穴232軒がくぼんだ状態で
残されています。

過去の発掘調査では、旧石器時代の火を焚いた跡、縄文時代の住居跡・墓や小貝塚、
擦文時代の住居跡などが確認されています。中でも擦文時代は、鉄器、繊維遺物、はた
織具の一部、栽培植物の種子などが出土しています。

1977年7月、釧路湿原西縁において最も規模の大きい重要な遺跡であることにより、東側
233,471平方メートルが国指定史跡となっています。



突き当たり右に駐車場があり、左には

SN3S0515_20180817162125e8e.jpg

史跡北斗遺跡展示館          画像右に

SN3S0516_20180817162126813.jpg

展示館から屋外の復元住居へは木道・チップ敷きの道を歩きます。窪みが観察でき
る竪穴群のほか、史跡展望台からは、雄大な釧路湿原に面した復元住居を望むことが
できます。


SN3S0517_2018081716212754a.jpg

ここらの全体図、とても山歩きの格好じゃないし、歩く距離凄いの

で行くの止めました・・・
          なので展示館へ

SN3S0518_20180817162128b47.jpg

中に入って右側へ

SN3S0519_201808171621305a6.jpg

歩いて行くと、これらを広場に再現して見せてくれてるのです。

左側

SN3S0520_20180817162132bec.jpg

館内の復元住居は屋根の一部を切り取る形で住居内の構造を見ることができます。
遺構全体模型は、史跡東端部の竪穴住居跡が最もよく保存されている部分を1/150
で表しています。竪穴の窪み、復元住居、人物などを入れ、背景には湿原を描きジオラマ
仕様になっています。


SN3S0521_20180817162133a1d.jpg

このフロア、入ってすぐ右側にジオラマ

SN3S0522_20180817162135dba.jpg

道東方面特有の、本州は戦国時代なのにデッカイドウはまだ擦文

(さつもん)時代の時


SN3S0523_20180817162136045.jpg

デッカイドウは農作物を作れてないので、弥生時代が無いのです

(縄文・続縄文・擦文時代・アイヌ文化・倭人(幕末明治))



復元住居の中

SN3S0524_20180817162137336.jpg

復元住居までは階段なのです

SN3S0525_2018081716213917e.jpg

画像奥出入り口          復元住居全体図

SN3S0526_20180817162303bce.jpg

この階段ベンチに座って、この施設は教育委員会が作ってる

みたいなので、小学生が見学し説明受けてるのではないかと

想像する・・・
          左壁の展示の注目部分

SN3S0527_20180817162336c09.jpg

擦文時代とは・・・ (カメラ写ってるね・・・)

SN3S0528_20180817162339571.jpg

館奥から出入り口方面を

SN3S0529_2018081716233991e.jpg

こんな感じ。








ココを出、次に向かったのはすぐ傍でカ~ドを貰いに

SN3S0530_201808171623429f0.jpg

駐車場から右側にある釧路湿原歩きの入り口で、左看板を

SN3S0531_2018081716234371b.jpg

カ~ド貰いに歩いて行きますよぉ~~

SN3S0532_20180817162345eae.jpg

画像左の先

SN3S0533_20180817162345f93.jpg

黄色い歩道を下り切って振り返り、歩いて来た道を

SN3S0534_20180817162347623.jpg

画像右に道があるので、Zくん車取りに駐車場に戻った・・・

画像左側へ歩いて行きます

SN3S0535_20180817162348eb0.jpg

奥に小屋があります

SN3S0536_20180817162350edc.jpg

温根内ビジターセンター (おんねない)          

入り口入って行きます

SN3S0537_201808171623511b5.jpg

入り口入って右側の壁

SN3S0538_2018081716242784b.jpg

目の前

SN3S0539_20180817162441d1f.jpg

ここに来たのは、湿原歩きでは無く、ブログでは初登場のカ~ドを

貰いに


SN3S0540_201808171625177df.jpg

北海道選奨土木遺産カード     新釧路川

SN3S0541_2018081716251977e.jpg

新釧路川は「釧路市に甚大な被害を与えた1920(大正9)年洪水を契機に開削され、
洪水対策に加え釧路港への土砂流入を防ぎ、地域の発展を支えた施設」であります。

 1887(明治20)年代以降の釧路は、水産業、林業、製紙工場、硫黄鉱山、炭田など
鉱工業が発展し、釧路川の河口に本格的な港湾を整備する構想が浮上しましたが、
河口部への土砂流入が問題となりました。
 1920(大正9)年には、釧路市街地の大半が水没するほどの未曾有の洪水が発生した
ことから、河口部への土砂流入対策、治水対策に対する地域の期待は大きく、翌1921
(大正10)年、釧路川の岩保木地点から海に向け11.2kmの新水路を掘削し、市街地を
流れる釧路川を上流域から切り離す工事に着手し、10年後の1931(昭和6)年に完成
しました。泥炭湿地を掘削する工事には、当時最新鋭のエキスカベーターが導入され
進められました。
 新釧路川の完成により、周辺地盤の地下水位が低下し、泥炭地での土地利用が可能
となりました。さらに、上流域から切り離され安全となった釧路川下流は、市街化が進み、
新釧路川の水を利用する製紙工場などの産業も発展しました。また、釧路駅周辺は、
鉄道の整備が進み、釧路港も土砂流入の問題が無くなり、市街地を流れる釧路川両岸
が埠頭として利用できるようになり、釧路市は、道東の物流の拠点としても発展し、人口
も増加しました。



館内にあったジオラマ地図

SN3S0542_20180817162521bc6.jpg

ほぼ真ん中にある水色の2本川の、左側がこの新釧路川です。
(釧路市)

とてもじゃないけど、撮影は出来ないので、この地図で


館内に詳細

SN3S0543_2018081716252338e.jpg

館内入り口入ってすぐ左に

SN3S0544_20180817162523707.jpg

SN3S0545_201808171625246af.jpg

SN3S0546_20180817162527f79.jpg

ここは山登りの小屋みたいに、ここから湿原へ歩いて行く方々へ

のセンタ~です。


釧路湿原の西側に位置し、身近に湿原の動植物を観察することができます。
 湿原と森の接点に位置する温根内ビジターセンターは、訪れる人々が四季折々にうつ
ろう湿原について知ることができる情報ステーションであり、休憩や交流の場となっています。









お次に向かったのは、こちらもすぐ傍にある (急遽トイレタイムで)

SN3S0547_2018081716252802f.jpg

釧路市湿原展望台

釧路湿原を見て、知って、散策できる代表的な拠点。1階は入場無料で、ショップや
レストラン等があります。2階からは有料展示となっており、釧路湿原を再現するゾーン
には幻の巨大魚「イトウ」など、湿原の動植物を復元した展示物が多数。3階展望室と
屋上からは湿原や釧路の街、阿寒の山々などパノラマの風景を望めます。また1周約2.5
kmの遊歩道の途中にはサテライト展望台があり、右回りの約1kmはバリアフリーです。



画像右側の眺め

SN3S0548_2018081716252950e.jpg

奥には、釧路湿原や市内が見えます。

SN3S0549_2018081716253020a.jpg






次回はこの日のお宿のご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  本日のデッカイドウ、25℃で午後からが降ってきました・・・

明日の昼迄予報の最低気温は高く20℃



明日はピアノレッスンだと言うのに・・・練習出けてない・・・

昨日は帰宅してぼ~~~~っとし、洗濯大会でもあったので・・・


窓開けてるし、なかなか音おとしても下手っぴの練習は音盛れ

したくなくて・・・(恥ずかしいので・・・


今宵は練習出来るかなぁ~・・・



まだしばらく、デッカイドウなりの残暑になっております。

良かった~・・・このまま秋へ寒くなって行くのかとおもた・・・ 





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















では予告通り今週からお盆旅行記をご紹介します



8/12(日)~14(火)の2泊3日で道東・道北方面へ行きました


デッカイドウは皆さんが思っている以上にデカイので、2泊3日くらい

しないと半分は回れません・・・




前日に朝食をコンビニで購入(サンドウィッチ・)し、AM8時にはおうちを

出、出発し、車内で食べました。




一気に道東方面へ行くのに、ず~~~~~~~~~っと高速・・・


ようやと最初の目的地に着いたのは、11:30

SN3S0477_20180817161411434.jpg

道の駅 しらぬか恋問 (白糠こいとい)

雄大な太平洋を眺望。白糠の海産を味わいながら「恋」や「思い出」を語るひとときを。
暖流と寒流の合流点である豊かな水産漁場を持つ白糠町。7~8月には国道沿いにエゾ
スカシやハマナス、アヤメが咲き乱れます。太平洋を一望できる恋問海岸では、夏は、
家族連れや恋人同士でにぎわいます。当駅は、地元の漁協直売店で新鮮で安心の魚介
類が販売されています。また、海の見えるレストランの豊富なメニューが自慢。なかでも
「この豚丼」が一番のおススメです。もちろん特産品や土産物も豊富に取り揃えております。
野外では、ソフトクリームや餃子を販売するチャペル、ラーメン屋さんもあります、ここは
いろんな食を楽しめるエリアです。休憩スペースが広いトイレ「メイクセンター」は、明るく、
清潔で、24時間ご利用になれます。




この道の駅の中にある、レストラン むーんらいと

恋問店
でランチです          頼んだ部分

SN3S0478_20180817161411963.jpg

昼間は太平洋が一望でき、夜は「む~んらいと(月明り)」が海に輝く素晴しいロケー
ション。炭火焼の「この豚丼」は逸品です。お持ち帰りのできる「この豚丼」は、北海道
道の駅弁第1号に認定され、車中や敷地内のベンチで食べられることで人気です。また、
店内では、専用のたれも販売され、自宅でもお店の味を楽しむことができます。


SN3S0479_20180817161413ce6.jpg

珍しくメニュ~全体図

SN3S0480_20180817161414846.jpg

あっしの左、小物達~~

SN3S0481_20180817161415fbe.jpg

画像上の窓外を~ (太平洋)

SN3S0482_201808171614171da.jpg

画像左側で

SN3S0483_2018081716141830e.jpg

以前 海辺をご紹介した事があります。


あっしの目の前右寄り

SN3S0484_201808171614203b4.jpg

あっしの右側カトラリ~

SN3S0485_2018081716142165b.jpg

タバスコ横になってるのが気になり、立てました・・・


最初に来たのは

SN3S0486_20180817161423156.jpg

道東方面名産、スパカツ (とんかつを乗せトマト寄りの味ミ~トソ~スがかかります)

SN3S0487_201808171614259b3.jpg

シェアしました (あっしはデミグラ寄りのミ~トが好き)

SN3S0488_20180817161426daa.jpg

豚丼は道東名物、しかも白糠名物 この豚 4枚

SN3S0489_2018081716142808a.jpg

4枚で十分 (勿論シェア)


道東の豚丼は、山椒かけて頂きます (今では病みつきです)

SN3S0490_20180817161429a6f.jpg

シェア全体図 (小丼にあっしの分の豚丼を)

SN3S0491_20180817161431110.jpg

どちらも、道東名物を頂きました






ここの道の駅での目的はランチでは無く、土日祝日はここでしか

配られていないダムカ~ドをゲト~しに来たのでア~ル




で、カ~ドだけ貰うのもなんだかなので、ちゃんと現地へ行って

みました
(土日祝お休みのダムは、デッカイドウが管理してるところでした。)

SN3S0492_2018081716171023b.jpg

管理事務所の建物          建物左側 (12:50)

SN3S0493_20180817161711942.jpg

画像左側

SN3S0494_20180817161713405.jpg

事務所建物左側へ近寄ってみます

SN3S0495_20180817161715872.jpg

庶路ダム (しょろ)

SN3S0496_2018081716171698e.jpg

ダム湖は「Green Lake 庶路」
地元の白糠町が公募し、119件の応募の中から「Green Lake 庶路」が選ばれた。
「ダム周辺で多くの人が植樹するなどし、緑に囲まれた湖になってほしい」という願いが
込められているという。平成16年10月13日の完成式典のときに、命名者へ感謝状
などが贈られた。英語表記を含むダム湖名は珍しい。


SN3S0497_20180817161717ef0.jpg

ここまで来る道のりが険しかった・・・ (すれ違いにくいくらいの道)


画像左側

SN3S0498_20180817161719894.jpg

歩いては・・・行けるけど・・・  行ったところで何も無いし・・・で

行かなかった・・・

目の前の山の上の白い看板には、庶路ダムとかかれてます。



画像左側、通路の左 (ダム湖)

SN3S0499_20180817161720c02.jpg

画像右下を

SN3S0500_20180817161722e26.jpg

真ん中、通路を

SN3S0501_201808171617230d2.jpg

左のダム湖を

SN3S0502_201808171617257f4.jpg

画像左に

SN3S0503_201808171617273d8.jpg

画像右側

SN3S0504_201808171617289ff.jpg

緊急時だと思うけど、ボ~トが出る通路


通路ちょっと歩いて右下

SN3S0505_20180817161730a78.jpg

放流されてました (あっしはどのダムもいつも放流されてます)

SN3S0506_2018081716173113d.jpg

も~~ちょい歩いて右下

SN3S0507_20180817161732e3e.jpg

画像右側、放流してる部分

SN3S0508_20180817161734fd2.jpg


で、庶路ダムカ~ド

SN3S0509_201808171620288de.jpg

右下、G  重力式コンクリートダム (デッカイドウはこの型式が殆ど)

右上、F  洪水調節  出水を調節し、洪水被害を軽減
N  流水の正常な機能の維持  既得取水の安定化・河川環境の
保全
I  工業用水  工場の操業に必要な水を供給



SN3S0510_20180817162029fa9.jpg


デッカイドウ管理のダムは、今年デッカイドウ命名150周年なので記念

のダムカ~ドも発行されてるから貰えて


SN3S0511_201808171620309b2.jpg

このバ~ジョンは全部冬のダムバ~ジョンなのです

SN3S0512_2018081716203042e.jpg


ダムカ~ド貰ってるうちに、段々と管理者が4つもあるのがわかって

きて、面白い







次回はこの後に行った遺跡のご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  本日から、小学生は始業式、中学生は来週(月)から。


そして気温は、土日は丁度良い20℃くらいでして夜は案の定

15℃くらいでした・・・


本日のデッカイドウ気温は、27℃迄上がり蒸し暑い日となりました

が、夜中は18℃。  デッカイドウにしたらお部屋は蒸し暑く寝苦しく

なるのでは・・・


このまま秋まっしぐらと思ってたけど、気温上がった



昨日迄の土日は、両親遊びに来てたので、お誕生日お祝いや

市内を巡って過ごしました



今週は久々(水)がピアノレッスン・・・  今宵から指慣らししないと・・・


(木)はZくん、リフレッシュ休暇で(土)は仕事出番。


なので(土)は近所の例の友人♀と呑み会を入れてたけど、

ちょっと間を置く為中止に・・・


このままではまた調子に乗って、ぶりっ子キャラで隣の人と

話しそうなので、めんどっちぃから時間空けます・・・



なので(土)は一日どっぷりゆったりdayなのだ 


(日)は何をしようかなぁ~・・・





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします