FC2ブログ
では予告通り前記事の続きで、ランチにまた②カ~ドの

ご紹介
です




走ってる途中で見つけたランチ場所は (13:05)

SN3S0810_20180831201914f0a.jpg

美音福 (みねふく)     ジャンルはお寿司屋さんです。

SN3S0811_20180831201955ec6.jpg

どきどきしながら入って目の前通路の左へ座りました。

SN3S0812_20180831201958874.jpg

あっしは即効決まり、あっしの部分


Zくんが何食べようか迷いに迷ってる中、あっしの左を

SN3S0813_20180831201959909.jpg

あっしの右側は壁、壁隣はお座敷2部屋

あっしの左後ろ

SN3S0814_20180831202001949.jpg

画像右に写ってる扉が出入り口です。

SN3S0815_20180831202001e52.jpg

ようやとZくんが頼んだ部分

SN3S0816_201808312020037c6.jpg

あっしのが来まして

SN3S0817_20180831202005e6c.jpg

ジンギスカン定食

SN3S0818_20180831202006c68.jpg

うどんが入ってるのが、名寄(なよろ)流、煮込みジンギスカン

SN3S0819_20180831202008abb.jpg

ジャンルがお寿司屋さんなので、普通は味噌汁のところお吸い物


Zくんはチャーハン

SN3S0820_20180831202010133.jpg

これがつまんだらかなり美味しい~ (やはりお吸い物)


しかし・・・

SN3S0821_20180831202011abb.jpg

ぎょうざも頼んだZくん・・・こちらは冷凍してたのを解凍した味で

イマイチでした・・・



お店を出たら目の前に、お水の溜まった

SN3S0822_20180831202013758.jpg

住所が名寄市風連(ふうれん)町なので風連のマンホール

旧風連町
旧風連町のマスコットキャラクターで風神を模したと思われる「風夢くん」が四体、中央の
旧町章を取り囲むように配置されています。左下は獅子舞(風連町下多寄地区に伝わる
伝統芸能『風連獅子舞』)をする風夢くん、左上は太鼓(不要になった漬物樽や醤油樽を
たたいて豊作を祝ったことに端を発する『風連御料太鼓』)をたたく風夢くん、右上は
犬ぞりに乗る風夢くん、右下は風袋をしょって胸に「F」の字をつけた風夢くん(このスタイ
ルが風夢君の基本形だったと思われます)。下中央にはフクロウのキャラクター(望湖台
自然公園のキャラクター「ポポちゃん」)も配置されています。旧町章の周りには「FUREN」
の文字と帯状の楽譜も書かれています。バックに散らばっている花弁はサクラではなく
旧町の花:シバザクラ。 ・旧上川郡風連町のカラー汚水蓋。

(http://sky.geocities.jp/usagigasi1x/hokkaidou/nayorosi/nayorosi.html)


旧って、上川郡の住所の時のやつでそのままなのか。


まだ、ここのマンホールカードは発行されてませんの・・・








お次に行ったのは (13:55)

SN3S0823_20180831202047be8.jpg

通り道に、この画像に関する物が次期出てくるから撮影しとけ・・・

とZくんのお達しで




この道、奥の奥の方にようやとダムが見え

SN3S0824_201808312022297f6.jpg

これ以上は見えないダム・・・


画像右側へ歩いて行くと

SN3S0825_20180831202229de4.jpg

画像左側をもう一度 (目の前門で閉ざされてます)

SN3S0826_20180831202232f35.jpg

と、言う事で、右側にあった建物が管理事務所で、平日なので

やってるからインターフォンでお呼びし



画像左側

SN3S0827_20180831202233913.jpg

ここの案内看板

SN3S0828_20180831202234d36.jpg

雨竜ダム (うりゅう)

湛水面積日本一の大貯水池
昭和18年完成。このダムと、雨竜土堰堤により、湛水面積2373ha、現在でも湛水
面積日本一の大貯水池が誕生。総貯水容量も完成時には日本一だったが、昭和31年
に佐久間ダム(静岡県)が完成してこれを上回った。



画像右側が管理事務所          画像左側、ダム湖

SN3S0829_2018083120223473c.jpg

ダム湖を中心に道立自然公園
雨竜第一ダム・雨竜土堰堤によるダム湖である朱鞠内(しゅまりない)湖、雨竜第二ダム
によるダム湖である宇津内湖は、周囲の天然林と相まって、優れた自然を形成しており、
昭和49年に朱鞠内道立自然公園に指定された。朱鞠内湖はリアス式海岸のような風景
が見られ、大小15の島々が点在。今では観光レクリエーションの中心となっている。


ダム湖は「朱鞠内湖」(しゅまりないこ)
地先名による。朱鞠内はアイヌ語で「シュマリ・ナイ」(狐川)、あるいは「シュ・マリ・ナイ」
(石が多い川)。朱鞠内湖は、ボートやカヌーが浮かび、幻の魚イトウやマス、ワカサギが
泳ぐ、今や観光名所。朱鞠内湖と隣の宇津内湖(雨竜第二ダム)は、延長約1kmの連絡
水路で結ばれ、宇津内(うつない)湖から朱鞠内湖へ河川水が導かれている。


SN3S0830_2018083120223706e.jpg

デッカイドウ管理者かと思ってレア冬バ~ションはとお聞きしたら、

なんと ここは初の管理者、デッカイドウ電力㈱でした


SN3S0831_20180831202238883.jpg

これで4つの管理者が揃いました


国土交通省・デッカイドウ・J-POWER(電源開発株式会社)・

デッカイドウ電力㈱




なんとか帰りに雨竜ダムの後ろ側を撮影 (ダムカード上、正面かな?)

SN3S0832_20180831202239c88.jpg








お次に向かったのは、大変わかりにくい幌加内町役場 朱鞠内

支所
(ほろかないちょうやくば しゅまりないししょ) (交番で聞いたくらい)


そこに行ったのは、最初に写した発電所の画像の

SN3S0833_201808312022411be.jpg

雨竜発電所 土木遺産カードを貰いにです。 (14:30)

SN3S0834_2018083120224233a.jpg

我国初の地下式発電所で、その巧みな発電計画により北海道の電力供給の中核を
担っている昭和初期を代表する電力土木構造物。
 雨竜発電所は、石狩川水系雨竜川の支流に設けられた2つの貯水池から延長約3.5
kmの導水路により、天塩川へ放流する出力51,000kWの水力発電所であり、現在でも、
道内の重要な電源の一つとして活躍しています。
 当時、北海道開発のために低廉で豊富な電力を供給することを目的とし、第2次大戦
中の資材不足に悩まされながら、16年の歳月をかけて建設された我国初の地下式発電
所です。2つの貯水池は、それぞれ「朱鞠内湖」、「宇津内湖」と呼ばれ、建設当時は東洋
一の貯水量を誇り、朱鞠内湖の面積(2,373ha)はダム湖としては現在でも日本一です。
 朱鞠内湖一帯は道立自然公園に指定されており、多くの釣り客が訪れるとともに、
四季折々の自然風景にも恵まれ、地元幌加内町の重要な観光資源となっています。







次回もまたカ~ドのご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  本日のデッカイドウ・・・・・・ボロボロです・・・


深夜に物凄いぐるぐる暴風雨がある中、耳栓して寝てるのに凄い

音で一々目が覚め、あまり寝られてない朝を迎えて、Zくんは前夜

に朝電車が止まるであろうって事で車で帰れ命令が所長から出、

今朝、案の定電車全線止まっており、先に出動したZくんからメル

が入り、まず近場のあっしが通勤で通るところの信号が停電

してて事故かかってて警察の指導が入ってるおってお知らせが

入り、そこを避けて違う道で行こうと思いあっしも出動したら、

うちの通り角の樹木が倒れており、違う道を通ってたら公園の

樹木が倒れており、その樹木にちょっと触りながら通りすがり、

違う道の大通に出、そこからいつもの通りに出たらまた樹木が

倒れており、そのまま国道へ入って少ししたら樹木が倒れて

おり、割と殆どのがあっちゃ向いてて、次の樹木が倒れてる

場所は3本くらい倒れてて、銀行前の樹木も電線と一緒に倒れ

てて、その後無事あっしは会社の駐車場へ到着・・・


樹木倒れたりいろいろ道が汚い状態になってまして、国道は

あっしの対向車側はお役所の土木が倒れた木々を切った後

沢山あって、倉庫の仲良しおじさんは、なかなか来るの遅く、

いつもの様に道道(北海道道)通ってたらが停電で警察指導の元

動いてるから渋滞で、遅くなったらしい・・・


国道は流石では停電になっては居なかったし、お役所の土木

が早い段階から木々を切って整理してるから走りやすかった。


うちの奥付近も停電になってるらしく、51000戸停電で瞬間風速

42超えだったらしい。

死者が8人・・・   うちはお陰様で停電地域では無かった・・・



約15年前にデッカイドウの日本海側経路だった珍しい台風の時は、

こんなに走ってるときに樹木が・・・なんて事は無かったけど、

支笏湖(しこつこ)とか森林達は白樺割と全滅してて、今でもハゲ

てる部分があるのだ・・・


その時が一番酷かった・・・って言われてたけど、今朝のは街中

凄かった・・・


今日の帰りは、また帰り道違う道通ってるぽんなので、

どうなってるのか・・・





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















スポンサーサイト



Secret