FC2ブログ
では予告通りGW10連休5/3(金)福岡旅行記のご紹介です



この日の朝食はバイキングで (ルートインは実質、朝食無料と謳ってます)

SN3S0354_2019052816502163f.jpg

前夜に晩御飯的に食べた所で、7時からのところ7:20に行ったら

並んだ・・・          暇だったので画像右側を


SN3S0355_20190528165023d94.jpg

ル~トインはPontaポイントの加盟店なのでPontaを写すと

SN3S0356_20190528165023472.jpg

バイキングメニュ~

SN3S0357_20190528165025219.jpg

いよいよかと思いきや、あっしら目の前でストップし・・・


奥右側の個室的なスペ~スで頂きました


SN3S0358_20190528165027da1.jpg

いつものごとく、全部一回持ってくるぽん夫婦 (デザ~トはプリン)



あっしはいつも、スッピンで朝食会場へ行くので、一旦お部屋に

戻って化けてから外出しました






このホテルを選んだのは、もっとも近い場所へ観光しに行く為

なので当然、朝一で駐車場に停めに行きました
(9時)

SN3S0359_2019052817000900b.jpg

まだまだ空いてる状態で、画像後ろに停め、画像右側右折をし

SN3S0360_20190528170010ea9.jpg

ボケましたが、目的地へ歩いて行きます。     


画像突き当たりを右折し


SN3S0361_2019052817001283a.jpg

このままどんどん奥へ真っ直ぐ歩いて行きます

SN3S0362_2019052817001391f.jpg

松ヶ枝餅と見えてるここは、 福岡を代表する人気観光地

太宰府天満宮 の参道です。

博多・天神エリアから電車で1時間足らずで行ける「太宰府天満宮」は、年間約800万
人もの参拝客が訪れる、福岡きっての人気観光スポット!
学問の神様として知られる菅原道真が祀られていて、初詣や受験シーズンは学生や
家族連れで特ににぎわいます。




画像右側は西鉄太宰府線 太宰府駅

SN3S0363_20190528170015c14.jpg

あっしら帰って来たら寄るところです。

SN3S0364_2019052817023789a.jpg

画像奥に見えてた最初の鳥居

SN3S0365_20190528170238a2a.jpg

ここから次の鳥居を写し

SN3S0366_20190528170240e4b.jpg

第二の鳥居をくぐると・・・

SN3S0367_20190528170241bbf.jpg

左に有名なスタバ

SN3S0368_2019052817052052c.jpg

何が有名かって、木のぬくもり溢れるスタバでスタバでは珍しい

店舗らしいです。
(皆さんやはり、撮影してました)

参道を歩いていると、ひときわ目を引く建物が見えてきます。
入口から中に向かって規則的に木が重なり合う、和風でありながらモダンな印象の建物。
「スターバックスコーヒー 太宰府天満宮表参道店」です。
これは、「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトで、建築家・隈研吾氏が
設計したデザインです。
太宰府天満宮のスターバックスコーヒーには、伝統的な木組み構造が用いられています。
太宰府の街並みや雰囲気に、とてもマッチしています。
お店の奥には庭があり、梅の木が植えられています。
休日には行列ができていることも多く、外からはなかなか見られないので、ドリンクを
買ったならぜひ奥まで進んでみてください。素敵な空間が広がっています。




この向かいには、赤福の様に全国で催し物に出店してる (画像右側)

SN3S0369_20190528170522e0c.jpg

かさの家

落ち着いた店内でお食事や香ばしい「梅ヶ枝餅」などお召し上がり心静かな一刻を
お過ごしください。


SN3S0370_201905281705236f4.jpg

太宰府天満宮に訪れたなら、ぜひ召し上がっていただきたいのが、名物「梅ヶ枝餅
です。参道には梅ヶ枝餅のお店が数多く出店しています。
初めて梅ヶ枝餅という名を耳にする方は「梅の味がするお餅かな?」とお思いになるかも
しれませんね。
梅ヶ枝餅とは、簡単に言うと、中にあんこの入った焼餅です。薄めの皮には、梅の花の
焼き印が入っているのが特徴です。梅の味や香りがするわけではありません。
この梅ヶ枝餅、どこで買っても同じ味かと思いきや、実は参道に並ぶお店によって、あん
この食感や甘さ、皮の厚さなどに違いがあります。お気に入りのお店を探してみるのも
いいですね。
毎月25日はよもぎ入り、17日には古代米入りの梅ヶ枝餅が販売されています。見かけ
たらぜひ試してみてください。




なので5/25(土)に行った東急百貨店の福岡展では、よもぎ入り

が出品されてて、買いたかったけど完売になってました・・・

(勿論かさの家が出店)



ぐんぐん進み、この参道最後の鳥居

SN3S0371_20190528170524df0.jpg

この画像左側には

SN3S0372_20190528170714820.jpg

露店好きとしてはちょっとそそった・・・


最後の鳥居の右側に案内板

SN3S0373_2019052817071578d.jpg

そして案内板後ろには、案内所

SN3S0374_20190528170717751.jpg

案内所前、画像左側は一旦開けて

SN3S0375_2019052817071991c.jpg

参道突き当たり(画像右)にあった御神牛様は本物のじゃないの

で、皆、オブジェの方に大行列になってるから「ふふふ☆」なんて

思いながら、画像の鳥居へ左折して


SN3S0376_20190528172111d23.jpg

本堂へ向かいます。     画像奥に見える有名な赤い橋

SN3S0377_201905281721122d9.jpg

太宰府天満宮の心字池には、欄干が朱塗りの立派な太鼓橋が架かっており、フォト
スポットとしても人気があります。
太鼓橋とは、太鼓を連想させる、半円に近い形をした反り橋のことです。
神社の池には太鼓橋がかかっていることが多いのですが、これは、敢えて渡りにくい橋
を架けることによって、私たちの世界と、神が住まう領域との境界を明白にし、人間が
神の世界に容易に入れないようにする、という意味があります。
太宰府天満宮の太鼓橋は誰でも渡ることができますが、普段は通行止めになっていて、
神事の時のみ利用するという神社もあるくらいなんです。


SN3S0378_201905281721131e1.jpg

心字池にかかる太鼓橋は朱色が鮮やかで池や周りの木々とのコントラストが素晴ら
しく、曲線も美しいのでフォトスポットとしても人気です。
渡り始めてしまうと橋の形がわからなくなってしまうので、少し寄り道をするつもりで池の
ほとりからも眺めてみると良いです。
また、心字池周辺では四季折々の美しい自然を楽しむことができます。
ついつい御本殿まで一直線に向かいたくなりますが、早春の梅に始まり、新緑、あじさい、
紅葉など、季節の自然を楽しみながら、池のほとりを散歩してみるのもおすすめです。




看板裏側

SN3S0379_20190528172114b0b.jpg

この池、TVの池の水を抜いて綺麗にする番組で取り組まれた

ところです。




二つ目の現在を示す橋 (平橋)

SN3S0380_2019052817231575f.jpg

正しくは、太鼓橋・平橋・太鼓橋の順に、3つの橋が一列に続いています。
これらの橋は、境内の入り口側から順番に、過去・現在・未来を表しているとされ、これ
は「三世一念」という仏教の考え方に基づくものだと言われています。
3つの橋すべてを渡り切ることで過去から未来までの邪念、つまり良くない考えを捨て、
池の水の上を通ることで心身ともに清められて、神さまの元へ向かう準備が整うのです。




橋の右側

SN3S0381_20190528172316ffc.jpg

左側

SN3S0382_2019052817231807b.jpg

橋、正面

SN3S0383_201905281723195e4.jpg

橋渡りきって、ちらっと見えてた画像右側には

SN3S0384_20190529104012796.jpg

菅原道真公が左遷された大宰府は、古くから朝鮮半島や大陸との外交・貿易を管轄
した役所でした。
安楽寺(現在の太宰府天満宮)もまた海外との貿易を行っていたことから、境内に海の
神を祀る神社が建てられたようです。
池に守られているため、再建後は火災にも遭わず、太宰府天満宮の中で現存する最古
の建造物となっています。
1907年(明治四十年)には、「太宰府天満宮末社志賀社本殿」として、国の重要文化財
に指定されました。
太宰府天満宮の中で重要文化財になっているのは、御本殿とこの志賀社のみです。


SN3S0385_2019052910402327e.jpg


画像左側、最後の赤い橋(未来)を渡り、目の前を

SN3S0386_2019052910424897d.jpg

画像左側

SN3S0387_20190529104249f46.jpg

赤い橋から画像右側 (だざいふ遊園地・九州国立博物館へ行く方面)

SN3S0388_20190529104252ebd.jpg


では真正面の本殿へ向かいます

SN3S0389_20190529104253aeb.jpg

画像右側、手水舎

SN3S0390_20190529105115fcd.jpg

画像左側

SN3S0391_201905291051176f9.jpg

まずお清めとして手水舎へ

SN3S0392_2019052910511906c.jpg

手前って大抵混んでるので、あっしはいつも裏に回ります
(画像左側から来ました)

SN3S0393_20190529105222062.jpg

で、で、、で   

この画像立ち位置後ろに本物の御神牛様が居るのです
(ごしんぎゅう)

SN3S0394_20190529105321087.jpg

こちらは大分中に入ってから現れるもんだから、全然スカスカwww

SN3S0395_2019052910532433e.jpg

歴史の始まりは平安時代
太宰府天満宮の歴史は古く、菅原道真が無実の罪で大宰府の地に流されたことから
始まります。
903年にこの地で生涯を終えた菅原道真の遺体を牛車に乗せて進んだところ、牛が座り
込んで動かなくなってしまいました。
これは菅原道真がこの地にとどまりたいという思いの表れだと考えられ、安楽寺の境内
に埋葬されたのです。
905年に祀廟(しびょう)が建てられたものの、平安京内で不幸が続き、菅原道真の御霊
を鎮めるため919年に社殿が建立されました。
その後、菅原道真が無実だったことが認められ、神様として崇められるようになったの
です。

太宰府天満宮のご祭神、天神さまこと菅原道真公のお使いの牛です。
御神牛像は、「頭を撫でると賢くなれる」、あるいは、「けがや病気がある場所を撫でると
快復する」などと言われ、信仰の対象となってきました。



当然、撫でてきましたわよぉ~~

知恵をつけても、何の意味も無い人生のぽんですが・・・


実は、太宰府天満宮の境内には、他にも10体の御神牛像があるんです!

SN3S0396_201905291053248d2.jpg

では最後の門をくぐり、左側

SN3S0397_201905291053279a1.jpg

右側

SN3S0398_20190529105707f1b.jpg

正面

SN3S0399_20190529105709515.jpg

画像に映ってる小さな橋

SN3S0401_20190529105710acb.jpg

そして橋から左側

SN3S0400_20190529105710a46.jpg

橋右側

SN3S0402_20190529110044cd2.jpg

またまた正面 (太宰府天満宮)

SN3S0403_20190529110046706.jpg

正面わらわらしてるところへ行きます

SN3S0404_201905291100486a1.jpg

真正面で参拝をしたいから、皆さんわらわらして並んでいるのです。


並んでる最中にあっしの後ろを (歩いて来た方向)

SN3S0405_201905291100487b8.jpg

お参りをして、太宰府天満宮の左側へ

SN3S0406_2019052911022507e.jpg

ここから奥に見える裏の建物へ行こうとしたけど、何やらあっしの

立ち位置後ろで


SN3S0407_20190529110228330.jpg

神職さんの行列          画像左へ

SN3S0408_20190529110228ae5.jpg

どうやらご祈祷の様です。

SN3S0409_20190529110229c36.jpg

お靴を脱いでます(お靴は揃えません。神様に後ろを向ける事になるからかと)

SN3S0410_201905291103230e2.jpg

お靴の揃ったお姿がかわゆくて

SN3S0412_2019052911032450d.jpg

こちらから中を (ピヤ~~~っと笛が鳴ってます)

SN3S0413_2019052911032681a.jpg

画像左側

SN3S0414_20190529110328538.jpg

神職の身分を表しています。上から順に、「特級」、「一級」、「二級上」、「二級」、
「三級」、「四級」の6等級に分かれていて、神職としての経歴や地位、功績などに基づい
て決められています。
【特級】白の袴に白地の紋入り(白固織有紋)
【一級】紫の袴に白地の紋入り(紫固織有紋)
【二級上】紫の袴に薄紫の紋入り(紫固織文藤の丸共緯)
【二級】紫(紫平絹無紋)
【三・四級】浅黄あさぎ(浅黄平絹無紋)


SN3S0415_201905291103555ba.jpg

そうなると・・・神主様が居ません・・・ (9:33)

SN3S0416_201905291103566a4.jpg






次回は太宰府天満宮の裏の建物からのご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  また記事作成が長くなりました。


いっぱい撮影してたなぁ~・・・  わくわく興奮してたのねぇ~(笑



本日のデッカイドウ、18℃で風冷たし・・・


気候は通常に戻りました・・・



昨夜はなんとか
アスパラ液で寝ることが出来、二度寝も上手く行き

ました。


どうしても、夜明けと共に一旦目覚めるので、二度寝の質で

その日の体調が決まります・・・



甘酒・生酵素を取り入れてるので、ちょっと痩せやすくなってます。


あとは三ヶ月にいっぺんとなってしまってるお月の物が来れば、

老廃物全部出るので、元に戻るんだけどなぁ~・・・





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















スポンサーサイト



Secret