FC2ブログ
では予告通り前記事の続きでGW10連休5/3(金)福岡旅行記

太宰府天満宮の裏の建物からのご紹介
です




こちらになりまして

SN3S0417_20190530105829524.jpg

菅公歴史館

大正末に開館した菅公歴史館を前身に、現在の菅公歴史館は御本殿裏の崇敬者
会館地下1階に御神忌(ご命日)1,075年大祭記念事業として、昭和48年(1973)に開館
しました。
道真公の一生を、貴重な装着博多人形(博多人形に衣装を着せたもの)のジオラマに
よりご紹介しています。
また、人形、玩具、絵馬などの品々も併せて展示しています。
その中でも日本各地の天神人形は、庶民生活に根付いた天神信仰の証といえ、材質や
技法も地域によりさまざまで、天神信仰の多様性を物語っています。




画像右側

SN3S0418_20190530105831cdf.jpg

老松社

老松大明神(おいまつだいみょうじん)は、眷属第一神で、菅原道真の家臣で牛飼
だった島田忠興(しまだただおき)を神格化したものとしている。
近世に入り道真の師である島田忠臣と混同視されるようになり、混乱を招いています。
福岡県一帯の老松神社を見て廻ると、祭神は「菅原道真公」であったり、「菅原眷属神」
(すがわらけんぞくしん)とされ、単独神として祀る神社は少なく、古代の氏神様と共に
祀られるケースが非常に多い。また、古代の氏神神社とセットで老松神社が鎮座される
ケースも又多い。祭神・神社の格としては、随分と開きがありますが、神殿の中で古代の
氏神と並んで、老松大明神が鎮座されている姿には驚かれます。
老松社(おいまつしゃ)は,太宰府天満宮の境内摂社で,天満宮本殿の背後に鎮座する。
祭神は道真公の父君の是善卿(これよしきょう)と母君の伴氏(ともし)である。
当社に向かって右には,道真公の四子を祀る御子社が並んでいる。

全国の有名神社の分社があり、分社とは分霊が祀ってあるところです。神様を分けて
しまうと力が減ってしまいそうですが、分霊しても霊威は変わらないんだそうです。




その向かい画像右側、太宰府天満宮裏

SN3S0419_20190530105832c0e.jpg

もともとは絵ではなくて、本物の馬を奉納していたみたいで、それが簡略化されて
絵馬になったそうです。
天満宮には、鈴がない。     神社に鈴があるのは、神様にお越しいただく合図
神様が祀ってある神社には鈴がないそう。太宰府天満宮の場合はここに菅原道真公の
お墓があるので鈴がないそうです。
ガランガランと鈴を鳴らす度に神様が来ていただいているんです。


SN3S0420_20190530105843201.jpg


では、歴史館へ行きます(左側が入り口。右側は会館)

SN3S0421_20190530105903e7b.jpg

入り口で

SN3S0423_2019053010590502a.jpg

入ってすぐ左が受付200円

中に入り目の前が地下に下りる階段

SN3S0424_20190530105934b3b.jpg

突き当たりの白い御神牛様を写さず・・・右曲がって目の前

SN3S0425_20190530105936457.jpg

画像右側

SN3S0426_20190530105937caa.jpg

こうして菅原道真公の一生を、貴重な装着博多人形(博多人形に

衣装を着せたもの)のジオラマによりご紹介してます。
https://www.dazaifutenmangu.or.jp/about/michizane



あそこを左折して

SN3S0427_20190530105938ef7.jpg

画像左側

SN3S0428_20190530105940068.jpg

綺麗なジオラマだけ撮ってみた

SN3S0429_20190530105942469.jpg

紅葉が綺麗だったので。     女性の外人さんが、全部撮影

してた。
     全部撮るときりが無いので・・・   


平安時代、学問の神様として有名な菅原道真(すがわらのみちざね)は、誰よりも
勉強が好きで真面目だった。そして、誰よりも真面目に働く道真は天皇にかわいがられ、
ものすごいスピードで出世していくのだった。しかし、道真の出世を面白く思わなかった
貴族たちによって道真は九州に送られてしまう。真面目な道真は九州に送られてからも
都の様子が気になってしょうがないのだが、驚くべき方法で都に戻るのだった。

晩年、道真は無実を天に訴えるため、身の潔白を祭文に書き、七日七夜天拝山山頂の
岩の上で爪立って、祭文を読上げ天に祈り続けた。すると、祭文は空高く舞上り、帝釈天
を過ぎ梵天まで達し、天から『天満大自在天神』と書かれた尊号がとどいたという。
死後天変地異が多発したことから、朝廷に祟りをなしたとされ、天満天神として信仰の
対象となる。現在は学問の神として親しまれる。




左側に道があり、入ると左に

SN3S0430_20190530105943fdb.jpg

右に進みます

SN3S0431_20190530110009f31.jpg

その前に画像左の案内板

SN3S0432_20190530110011b47.jpg

ここのフロアは、通りゃんせの歌が流れてます・・・
(江戸時代から伝わるわらべうた)
(http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/toryanse.htm)

SN3S0433_20190530110012a3a.jpg


右に進んで突き当たり左に折れたら右側に

SN3S0434_201905301100141a7.jpg

SN3S0435_20190530110015a85.jpg

SN3S0436_20190530110016ec1.jpg


この立ち位置後ろには

SN3S0437_20190530110018165.jpg

画像右側

SN3S0438_20190530110020666.jpg

いろんな道真公と御神牛様が飾られてます・・・


画像右の角には

SN3S0439_20190530110021fa2.jpg

画像右壁に

SN3S0440_20190530110450f5a.jpg

画像ジオラマ手前に

SN3S0441_20190530110452909.jpg

周辺のシオラマ

SN3S0442_20190530110453a39.jpg

このお部屋に入ってすぐ右、博多人形道真像の右側スペースに

SN3S0443_201905301104553d9.jpg

今もやられてる、梅の時期のお祭り、曲水の宴を人形で再現

SN3S0444_20190530110456d96.jpg

SN3S0445_20190530110458ff5.jpg

SN3S0446_20190530110459eac.jpg


このお部屋の左奥スペ~スに

SN3S0447_20190530110500b22.jpg

SN3S0448_201905301105024dc.jpg

SN3S0449_2019053011050373a.jpg


奥から、博多人形道真像方面を

SN3S0450_20190530110505829.jpg

画像奥壁に

SN3S0451_20190530110943404.jpg






次回はこの後に歩いた太宰府天満宮の横や参道のご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  またもや時間かかりました・・・


自分もわかった上でご説明しなくちゃだし、ちょっと省いた部分

もあって、わかって頂けたかなぁ~・・・な状態・・・


アニメ ねこねこ日本史で見てて知ってはいたのですが・・・


ケンミンショ~のTVでは、この辺のお宅の床の間には、道真公

の掛け軸がかけてあったり、小学校では力強く教わってるとか、

歴史浅いデッカイドウからすると、大昔の実在した歴史と一緒に

過ごされてるのが羨ましく思います。



今宵はゆったり過ごし、明日の大残業に向けて良い睡眠を取り

たいと思います。





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















スポンサーサイト



Secret