FC2ブログ
では予告通り前記事の続きでGW10連休5/3(金)福岡旅行記

太宰府駅より向かった所のご紹介
です




西鉄太宰府線 太宰府駅に着きまして (11:35)

SN3S0503_201905301123272fe.jpg





電車で次の場所へ行こうと思ったけど、疲れてたので画像右側

へ行き


SN3S0504_20190530112329edc.jpg

外に出て右側に

SN3S0505_2019053011233071e.jpg

タクシ~乗り場があるので、乗って行きました。

画像のタクシ~後ろの建物が、このタクシ~の会社

太宰府タクシ~
          画像左側へ行きます

SN3S0506_201905301123319f2.jpg

左の線路に沿って、丁度電車。     

少々真っ直ぐ走ってると右側目的地の建物


SN3S0507_20190603171938086.jpg

ここで下りて、画像左の横断歩道を渡ります

SN3S0508_201906031719389c0.jpg

画像奥、目の前にある広場は今話題の所で、後程行きます。


先に、先程の建物へ行くのに、横断歩道右へ


SN3S0509_20190603171940a58.jpg

右バス停          左の案内板

SN3S0510_20190603171941488.jpg

ここの広場がどこだかばれましたねぇ~・・・


ちょっと先を歩き、左の建物へ


SN3S0511_201906031719429de.jpg

また画像左に指が写りながら、中へ入って行きます

SN3S0512_2019060317210344f.jpg

画像目の前は入り口で、画像左側は出口方面

SN3S0513_20190603172103f74.jpg

この建物は (11:47)

SN3S0514_20190603172104977.jpg

「大」きい方の大宰府展示館   (大と太の違いはこちら

都府楼跡の名でも親しまれる「大宰府政庁跡」は、7世紀後半から奈良・平安時代に
かけて、九州の政治外交の中心を担った地方最大の役所「大宰府」が置かれたところ
です。
背後の四王寺山には古代の山城「大野城」が築かれ、山と一体となった景観が千三百
年前の往時を偲ばせています。現在は共に国の特別史跡に指定され、史跡公園として
人々の憩いの場となっています。
大宰府展示館では、大宰府史跡の発掘調査によって検出された遺構(溝)の一部を保存
公開し、出土遺物や模型などで大宰府の歴史と文化をご紹介しています。
昭和55年の開館とともに(公財)古都大宰府保存協会が事務局を置き、広く大宰府史跡
の整備地の維持管理や広報普及、史跡の解説・ご案内などを行っています。隣接する
「学校院跡」「観世音寺」「戒壇院」や「水城跡」などと合わせ、史跡散策の拠点としてご
利用ください。


SN3S0515_20190603172105375.jpg

では入って行きまして、まず左側

SN3S0516_20190603172107726.jpg

右側

SN3S0517_20190603172331728.jpg

令和」のお陰でごった返してしまったそうです・・・


目の前真ん中


SN3S0518_20190603172333a78.jpg

左にあった、ここら辺のジオラマ

SN3S0519_20190603172334d88.jpg

そして、なぜごった返したかと言うと

SN3S0520_2019060317233559e.jpg

この場所で詠われたと全国的にされたので、皆来てみたって感じ。
(タクシ~のおっちゃん曰く、現地では候補の場所が他にも2ヶ所くらいあるとのこと・・・)


左側の奥フロアへ

SN3S0521_2019060317233626d.jpg

画像左にある柵下を

SN3S0522_2019060317353960b.jpg

玉石溝(たまいしじき)
発掘調査で検出された奈良~平安時代の溝を、当時の姿のまま保存・公開しています。


SN3S0523_2019060317354198b.jpg

こんな感じで柵で覆ってそのまま公開されてます

SN3S0524_20190603173542940.jpg

画像奥、向こう側からこちら側を

SN3S0525_20190603173543f13.jpg

奥突き当たりにあった展示物

SN3S0526_20190603173544142.jpg

SN3S0527_20190603175529690.jpg

1_20190604143537f09.jpg

お城跡があったとは・・・ (https://www.travel.co.jp/guide/article/31619/



左のフロアに入る入り口左側に

SN3S0530_20190603175532854.jpg

ここの記念スタンプ(三種類で、鬼瓦とあとなんだっけ・・・)


この館に入って目の前真ん中にあった展示物のケ~ス下

SN3S0531_201906031755327fe.jpg

上のケ~ス

SN3S0532_20190603175535402.jpg

模型「梅花の宴」
天平2年(730)正月13日、大宰帥・大伴旅人の邸宅で開かれた「梅花の宴」
のようすを博多人形で再現しています。


SN3S0533_2019060317562504b.jpg

この宴で、令和の語源の万葉集が詠まれたとされてます。
https://www.kotodazaifu.net/notice/pavilion/786

初春の月にして(しょしゅんのれいげつにして)、
 気淑く風ぎ(きよく かぜやわらぎ)、
 梅は鏡前の粉を披き(うめは きょうぜんのこをひらき)、
 蘭は珮後の香を薫ず(らんは はいごのこうをくんず)。

(https://www.kotodazaifu.net/notice/pavilion/792)



では入り口入って右側のフロアへ

SN3S0534_2019060317562791c.jpg

左壁に展示してる、令和に関する資料

SN3S0535_20190603175629d17.jpg

SN3S0536_2019060317563077f.jpg

SN3S0537_201906031756399bb.jpg



この展示館建物左側の広場は

SN3S0538_20190603175657131.jpg

大宰府政庁跡
http://www.yado.co.jp/kankou/fukuoka/dazaifu/seiato/seiato.htm

SN3S0539_2019060317565907e.jpg

展示館見学後に行ってみます。

SN3S0540_20190603175700c86.jpg


このフロア右側の壁に

SN3S0541_20190603175710be3.jpg

画像左下、ジオラマの奥に

SN3S0542_20190603175730730.jpg

SN3S0543_2019060317573147d.jpg

SN3S0544_2019060317573214f.jpg

SN3S0545_20190603175734ff9.jpg


もぉ~ご説明するにも難しいので、全部詳細を写真に収めました。


このフロア奥に

SN3S0546_2019060317573527a.jpg

画像右上

SN3S0547_20190603175737e70.jpg

大野城跡とお宿はこの辺
(実はお宿よりも上の山に、大野城跡があったのだ・・・行き損ねたのだ・・・)

SN3S0548_20190603175747330.jpg

今、この辺の図

SN3S0549_20190603175748706.jpg

鬼瓦 (これが記念スタンプの一つになってた)

SN3S0550_20190603175749f77.jpg

大宰府政庁跡北方の畑から発見されたもので、全長47.1センチメートルで、右下
端部約3分の1が欠損しています。鬼面は肉盛りが厚く、激しい怒りのために逆立つ毛髪、
つり上がった眉、四天王のような鋭い目、深い眉間のしわ、厚く盛り上がった頬、口を
大きく開いた忿怒相(怒った顔)は、他では見ることのできない大宰府独特のものです。
奈良時代前半に建てられた政庁の屋根に使われたと考えられます。


SN3S0551_20190603175750884.jpg

(12:05)





次回は隣にある大宰府政庁跡のご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  本日のデッカイドウ19℃の  ジメってしまいましたねぇ~・・・


ふと、今年は実家の八重桜 写メが来ないなぁ~・・・と催促したら、

マミ~いつも一緒だから~って撮影してなかったんだけど、パピ~

がこっそり撮影してました


KIMG00630001 (1)

パピ~が中学の頃から一緒に育っただもんねぇ~



昨日は請求書作成やらで月初忙しく、記事更新出来ませんでした・・・



今朝のニュ~スでもまた、アメリカでもトヨタ戦争にもなったプリウ

スの踏み間違え事故・・・


アクセルが真ん中寄りだから踏み間違えするんだお・・・


若手ならとっさに対策出来るところ、高齢者には難しくなるから、

あ~いった事故が高齢者に多くなり・・・


アメリカではなんでも裁判になる国だけに、戦争とまで言われる

まで揉め、日本は大手だからって車がおかしい・・・とは全く思わ

ず人責任・・・


そりゃそうなんだけどね・・・


それでも、ここまで殆どプリウスとなると、誰だって疑問に思うじゃ

ない・・・  そんな一人のぽんです・・・


なので、両親にはプリウスは乗らないで・・・と忠告しました。


殺人者の家族になりたくないので・・・



土日はゆった~~~り過ごせて、良かったです☆

お庭で焼肉ジュ~②したし~~


今週末(金)はエステだし~~


来週、13(木)はお休みして健康診断に行くから、エステで絞って

もらわなくっちゃ





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















スポンサーサイト



Secret