FC2ブログ
では予告通り前記事の続きでGW10連休5/3(金)福岡旅行記

大宰府政庁跡のご紹介
です




大宰府展示館に入って来た入り口真裏に出、左に折れると

SN3S0552_201906051035015e9.jpg

右側で、左側は (12:11)

SN3S0553_20190605103501658.jpg

令和ばかりでは無いですよね。   即位もですよね。


右側に行かずこの画像から右側へ行きまして、正面から入りま

した


SN3S0554_20190605103502124.jpg

画像手前に、石の柱 (車は入れませんのポール的)

SN3S0555_20190605103504d62.jpg

松ヶ枝餅があるだけに、この辺は梅ですよね。


では、あの階段迄行きまして


SN3S0556_201906051036068ef.jpg

画像右側 (展示館方面)

SN3S0557_201906051036074f5.jpg

そして左側

SN3S0558_20190605103608e3f.jpg

目の前

SN3S0559_20190605103609403.jpg

この正面にあるのは正門の朱雀門(すざくもん)の場所で、石段の場所です。


画像左にあった看板

SN3S0560_20190605103611c8d.jpg

大宰府政庁跡

 大宰という名称の文献上での初見は『日本書紀』推古17年(609年)の筑紫大宰です。
外交と防衛を主任務とすると共に、西海道9国(筑前、筑後、豊前、豊後、肥前、肥後、
日向、薩摩、大隅)と三島(壱岐、対馬、多禰(現在の大隅諸島))などの行政・司法を
所管していました。 沖縄を除く、今のほぼ九州全域ですね。与えられた権限の大きさ
から、「遠の朝廷(とおのみかど)」とも呼ばれていたそうだ。
 続日本紀の神護景雲三年(769)十月甲辰に「大宰府言、此府人物殷繁、天下一都会
也」と書いてあるそうだ。 「この府は人や物が多く賑やかで天下有数の都会」という意味
ですから西暦8世紀には、相当な都市だった思われます。

●「だざいふ」の大と太
 律令制下の役所を指す場合は「大宰府」と「大」を用い、現在の行政名「太宰府市」や「
太宰府天満宮」には「太」を用いています。
大宰府政庁跡の場合は「大」を用いるのが正しいようです。




一番上に登って前方を

SN3S0561_20190605103715ba0.jpg

右側

SN3S0562_2019060510371715c.jpg

左側

SN3S0563_201906051037178bf.jpg

足元のこの柱跡

SN3S0564_20190605103718484.jpg

万葉集には"遠の朝廷(みかど)"と詠まれ、その規模をしのばせる立派な礎石が
残っている
 



進んで行くと、先程左側の画像でちらっと先に見えてた

SN3S0565_2019060510372054e.jpg

梅と言いながら、あの木々の前列は桜です。

広場を挟んで両脇に脇殿というのがあり、その礎石が残っている礎石です。
大宰府政庁跡には桜の木が100本ばかりあり、春には花見ができる桜の名所です。



更に目の前進みます

SN3S0566_20190605103845e0d.jpg

この部分は丁度真ん中ではないでしょうか

SN3S0539_2019060317565907e.jpg

ここ来る前に丁度5/1朝見てた、TVで1000人で「令和」の

人文字
と言うのを、ここでやってた文字跡 (花丸に令和の令)

SN3S0567_20190605103846bb9.jpg

更に前に進み

SN3S0568_20190605103847903.jpg

画像左側の木陰に

SN3S0569_20190605103848b1e.jpg

大宰府政庁は九州一帯を統治し対外交流の窓口、軍事防衛の拠点という重要な
役割を担っていた


SN3S0570_201906051038504b2.jpg

13世紀後半の元寇(げんこう)の役でも、モンゴル・高麗軍の攻撃目標はこの大宰府
であったが攻略されなかった


SN3S0571_20190605104135007.jpg

大宰府政庁跡は国指定特別史跡で「都府楼跡(とふろうあと)」という名前で親しまれ
ています


SN3S0572_20190605104136435.jpg

新元号の「令和」が引用された万葉集の序文を書いた大伴旅人や菅原道真などが
長官として赴任してきた




この先行って左側にゆかりの八幡宮があり、歩いて行くにも疲れ

てるので行くの止めて車で通りすがりで観ました。


こちらも御朱印貰いの凄い大行列でごった返してました


隣接して、新元号「令和」ゆかりの坂本八幡宮がある (大伴旅人主宰の「梅花の宴」
が開かれた場所)






画像右側

SN3S0573_201906051041380d6.jpg

こちらも観に行かず戻りました。


画像右側


SN3S0574_20190605104138979.jpg

更に画像右側で、来た道

SN3S0575_20190605104140507.jpg

碑のところからの撮影で、画像右側

SN3S0576_20190605104432b8a.jpg

右の木陰の案内板を皆さん見て、再度ちゃんと写したかった碑を

SN3S0577_20190605104434765.jpg

裏奥、行かなかったのでズ~ムで

SN3S0578_201906051044358d1.jpg






帰りタクシ~捕まるか不安だったので、タクシ~のおっちゃんに

どうか聞いてみたら、居るし駅近いし・・・って言うもんだから、駅

迄行こうと思ったらかなりの距離・・・


タクシ~捕まる所迄歩いてみても捕まらず・・・


なので大通り迄歩いて、そこでタクシ~を電話で呼びました。。。



待ってた場所が
(12:30)

SN3S0579_2019060510443521c.jpg

https://www.kyuhaku.jp/dazaifu/d-map/kaisetu20.html

SN3S0580_20190605104437624.jpg

SN3S0581_2019060510451127d.jpg

そしてここにあったマンホ~ル

SN3S0582_20190605104512b46.jpg

画像左側、川沿い

SN3S0583_201906051045143ec.jpg

画像左側 (朱雀大路)

SN3S0584_20190605104515f0d.jpg

更に画像左側

SN3S0585_20190605104516abf.jpg

SN3S0586_2019060510451880c.jpg

画像左の先は、突き当たり大宰府政庁跡

SN3S0587_20190605104520635.jpg

こんなにも歩いてきました・・・ (12:36)






そしてタクシ~が目の前に来て乗り、太宰府天満宮の駐車場迄

行きました。




次回はこの後に行った城跡のご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  本日のデッカイドウ17℃の


長袖ブラウスですよ・・・    風冷たいですから・・・



昨夜、先週の櫻井・有吉THE夜会を観てたら、めっちゃ

ハマッたお笑いが居て、久々動画のご紹介です



メンバーは、山口提樹と潮圭太からなる日本のお笑いコンビ。

殆ど素人からの歌ネタ王決定戦2018で優勝した、斬新な漫才。


斬新過ぎてめちゃくちゃ笑ってお気に召してます


はたらく細胞の漫画で言わせると、昨夜は大笑いしたので、笑う

ことでNK細胞を活発化させ、体の免疫力がアップし、他にも血行

促進や記憶力アップも期待できます。(ふふふ☆)


でも、寝不足です・・・



また、今朝のニュ~スで昨夜の福岡の高齢者プリウス事故・・・  
(ワゴン車でしたね・・・)

もぉ~毎日のようにあるんですが・・・





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















スポンサーサイト



Secret