FC2ブログ
では予告通り前記事の続きでGW10連休5/4(土)福岡旅行記

小倉城内のご紹介
です




ではここから城内へ入って行きます (10:20)

SN3S0684_20190607110429fe1.jpg

目の前は階段になりまして

SN3S0689_20190607110431eb9.jpg

入り口左にあった案内板

SN3S0687_2019060711043112a.jpg

小倉城

SN3S0690_20190607110434d16.jpg

入り口左の石垣を撮影し、目の前の階段上って右に曲がると

受付とその先


SN3S0691_201906071104347e3.jpg

画像左が受け付けで、目の前入って奥

SN3S0692_20190607110436177.jpg

画像右に曲がると展示物が始まります

SN3S0693_20190607110437255.jpg

通路左側です。

SN3S0694_2019060711043961e.jpg

人形のジオラマもあって、わかりやすく展示     

画像右、その先


SN3S0695_20190607110441e80.jpg

約1,500体の和紙人形で貿易船から見た小倉の城下町の様子を再現しています。

SN3S0696_20190607110442fe1.jpg

この通路途中右側に

SN3S0697_20190607110903238.jpg

大迫力のシアター

1602年(慶長7年)、小倉城は細川忠興公によって約7年の歳月を費やし造られまし
た。城下町全体をつくりあげる壮大な都市計画でした。小倉の街は本州と九州を結ぶ
玄関口として、また、中津街道や長崎街道の出発点であり「九州のすべての道は小倉
に通じる」と言われ大変賑いました。城下町では、城を中心にまわりに家来の武士が
住み、それを囲むように町人が住んでいました。 その後失火や戦など様々な歴史を経
て、天守閣が再建されました。約400年の歴史を、約10分に凝縮しています。ナレーショ
ンは北九州市アンバサダーである草刈正雄さん。ドラマチックな映像を高画質で、大迫
力の大画面シアターでお楽しみいただけます。



草刈正雄さんと言えば、大河では真田幸村の父役、真田昌幸を

演じたので、ちょいと北九州のお話とはあっしの中ではなかなか

合わず違和感・・・     役柄って印象凄いね。


そしてこの城を築いた細川忠興公と言えば、妻ガラシャですよね。



この先


SN3S0698_20190607110905b58.jpg

奥突き当たり手前に橋

SN3S0699_201906071109087fc.jpg

SN3S0700_20190607110908c3c.jpg

SN3S0701_20190607110910cee.jpg

そして渡って目の前奥突き当たり

SN3S0702_2019060711091185a.jpg

SN3S0703_2019060711091396d.jpg

映像で説明されるので、わかりやすい
(お隣の国方がいつまでもベンチがあるから居座わられてて邪魔だった・・・)


この画像右に折れて

SN3S0704_20190607110914ee5.jpg

画像右に入ります

SN3S0705_2019060711091627a.jpg

画像左側

SN3S0706_2019060711091704b.jpg

右に入って目の前突き当たりに

SN3S0707_20190607111124ed0.jpg

画像右側

SN3S0708_20190607111126560.jpg

SN3S0709_20190607111127064.jpg

と言う事で人形なんですが、空いてるところに座ってのフロア


この軍議画像、左後ろに

SN3S0711_201906071111282b0.jpg

クイズ物で、画像右側

SN3S0712_20190607111129753.jpg

動くお馬さんに乗っての流鏑馬(やぶさめ)ゲ~ム


画像右側へ行き


SN3S0713_201906071111313f8.jpg

通路を歩き、突き当たるので左に折れて目の前に (メイン通路に出)

SN3S0714_20190607111725f78.jpg

画像右側 (ブレました・・・)

SN3S0715_20190607111848021.jpg

こうゆう衣装を着てお写真撮れますの貼紙

SN3S0716_20190607111851d9a.jpg

このフロアの向かいに (この通路右側)

SN3S0717_20190607111851003.jpg

そして急にいつの間にか現れた、画像左側に

SN3S0719_2019060711185316a.jpg

とらっちゃ

小倉城天守閣再建50周年を記念し制作された小倉城のマスコットキャラクター。
小倉城天守閣1階・2階に展示している「迎え虎(オス)」「送り虎(メス)」の絵をモチーフに
している。
小倉城のマスコット「とらっちゃ」
小倉城の迎え虎と送り虎の絵が元になったキャラクターです。小倉城に来場されたお客
様をお迎えし、全国に小倉城をアピールすることを使命としています。兜からはみ出す
ほどの大きな頭がチャーミングポイントです。額の模様は、小笠原家の家紋である三階
菱になっています。




と言うことで、モチ~フにしてる虎の絵を左後ろに写ってるのを後

にし、画像右側のお籠を


SN3S0720_201906071118547d2.jpg

これ、試乗出来ますし前後に動きます。



そしていよいよ迎え虎

SN3S0721_20190607111934c84.jpg

詳細・・・ボケてしまいました・・・

SN3S0722_20190610105012c23.jpg

小倉城には、小倉城が消失した慶応2年寅年(1866年)に因んで描かれた雌雄一対
の迎え虎と送り虎の絵があります。
此の虎の額を少し離れて見ると、どこから見ても虎が真正面からこちらを見ます。
迎え虎はいずれの位置より見るも真正面に見えるところから八方睨みの虎とも言われて
います。
この大壁画の画題「迎え虎」は「麗虎招福、千客万来」の対句にのっとって名付けたもの
ですが、名付け得て妙といささか自負している。すなわち画伯の彩管に成る大虎はどの
位置から見ても虎の前身が真正面に見え、見るもの右すれば虎も右し、左すれば左して
柔和に人なつっこく歓び迎えて呉れるのでありまして、まことに玄妙不可思議の虎と云う
ほかない。
 しかも群青色のバックに唯一頭の虎を描いただけでこれほどの大作をものした非凡の
筆力、画伯の自信のほどが画面にあふれている。若し凡筆であったなら虎に配するに竹、
岩または披土の添景物を描いたことでしょう。驚くべき虎の名画と云うべきである。


SN3S0723_20190610105014da6.jpg

慶応2年歳は丙虎、この年は内外多事多難であった。徳川幕府は二次征長の軍を
起こし、小倉城はその策戦拠点となり、老中格小笠原壱岐守長行(唐津候世子)が征長
の指揮をとった。たまたま14代将軍家茂大阪で病死したため幕軍の歩調を欠き、長軍
騎兵隊の進撃の前に城兵は自ら火を放って小倉城を焼いた。これを丙寅(へいいん)の
変と云う。星移りり茲に満96年、今年は寅の歳を迎えた。
昭和34年10月、在りし日の小倉城天守閣が復元し、昭和35年には二期工事の着見櫓
が完成した。小倉城の復元は藩政時代の戦争の拠点を再現するのが目的ではない。
平和の象徴として、観光資源として、都市美の中核を作るにあたった。その目的は十分
果たされつつある。
 その小倉城天守閣に、亡焼した寅歳に因んで虎の大壁画一対を掲額した。雄寅の
壁画を「迎え虎」と称し、雌虎の壁画を「送り虎」と名付けた。来場の万客を心から歓迎
する意味を含めている。古来神獣として神社仏殿、城壁の魔除けに描かれた例は多い
が、小倉城ほどの大壁画があるのを未だ聞かない。
大壁画の高さ十尺二寸、幅八尺二寸、一面に一頭だけの虎を描いて他に添景物を見ず、
非凡の力作である。迎え虎はいずれの位置より見るも真正面に見えるところから、八方
睨みの虎とも激称されている。
 筆者は八幡宮の総社宇佐神宮の抱え絵師、佐藤高越画伯、二虎を描くに35.36両年
2ヶ月の日子を費やしている。この経費約百万円は、小倉城関係者の協力を仰ぎ、画
そのものは佐藤画伯の無料奉仕によって完成した。
 鑑みて96年前、自焼した小倉城が、この雄雌二頭の虎の大壁画完成によって、再び
戦争の過誤を繰り返さないことになるならば幸いである。


SN3S0724_20190610105014b4a.jpg

この迎え虎画像右側

SN3S0725_201906101050175a8.jpg

持ち上げ体験の石

SN3S0726_20190610105017769.jpg

画像左に2階への階段

SN3S0727_2019061010501965d.jpg

ここから画像右に居るゆるきゃらの後ろ姿

SN3S0728_201906101050216ce.jpg

あれ 階段登りきって右にあったのかな

1_2019061014051167d.jpg

SN3S0730_20190610105023cc4.jpg



次回は2階から天守閣迄のご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  本日は(月)で忙しかったので1階部分のみのご紹介で終了

させて頂きました・・・


いつ、GW10連休のネタが終わるのか・・・(笑


終わったら3月中旬の過去に戻るので、真夏に雪画像になりそ

うですww



本日は19℃なので半袖ブラウス出社したら、もぉ~風冷たいので

寒くなり、午後から長袖ブラウスに着替えたわ・・・



昨日迄の土日はこれまたゆったり過ごしまして、ゆったり過ごせ

るのはしばらく無くなるからゆったり



そして今週は(木)は夫婦でお休みし、あっしは健康診断、Zくんは

リフレッシュ休暇。



今週末は、歯医者・毎年恒例日本海側ドライブに、あっしの好き

なシリ~ズでメンバ~チェンジしたメン・イン・ブラック : インター

ナショナル
の映画を観に行きます


来週末は、6/22両親の金婚式当日で偶然にも(土)なのです


金婚式って何か金物をあげるのもいいらしいので、コチラを取り

寄せ

【母の日やご自宅の豪華なオブジェに】3万円→83%OFF送料無料純金のカーネーション&薔薇バラ/純金証明つき/純金のお花



準備をし、昨日包装する袋とか購入しました。


レストランは速いうちに予約済み。


ドレスコ~ド的なお店なので、Zくんにはス~ツ寄りの綿パン

スラックスを購入


あっしはワンピ的なのを着て行きます。



お食事とかレポ出来るかなぁ~・・・





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















スポンサーサイト



Secret