FC2ブログ
では予告通り前記事の続きでGW10連休5/4(土)福岡旅行記

お城周辺のご紹介
です





前記事最後の画像の続きで (11:50)

SN3S0770_20190610170403304.jpg

この画像左へ歩いて行きます

SN3S0771_20190612104515f2d.jpg

なんだあの建物は・・・と思いながら近づいて

SN3S0772_20190612104517c97.jpg

漬物処として営業してる、着見櫓(糠蔵)(つきみやぐう)

小倉城の「着見櫓」として櫓上にて沖からの通航船を監視した櫓やぐら。木造三重
二層三階塔屋付、延べ330㎡の構造で、当時の場所にそのままの姿を再現している。
現在は、『漬物処糠蔵ぬかぐら』として営業中。

小倉城城主、小笠原忠真公は、ぬか漬けが盛んな信州松本を統治していたこともあり
大変ぬか漬けを好んでおりました。小倉城入封の際にも、ぬか床を持ち込み、城下の
人々にもぬか漬けを推奨しました。
その後、ぬか漬けは現代に至るまで、城下の各家に代々受け継がれ、「百年床」という
ぬか床があるほど。小倉は全国的に最もぬか漬けが根付いた土地柄となりました。
ぬか漬けは生で野菜を食べるより、ビタミン類・乳酸菌が豊富で、体のバランスを整える
作用があります。「糠蔵」は郷土の伝統的な食文化を次世代に伝え、美味しく健康的な
食べ物を提供するお店です。







画像左へ歩いて行きます

SN3S0773_20190612104518179.jpg

画像右側 (向こう側へ歩いて行きます)

SN3S0774_201906121045194d2.jpg

目の前の階段を降りて行き

SN3S0775_20190612104520fce.jpg

あそこを右に折れて

SN3S0776_20190612104522119.jpg

なんだかこの景色だけでも、大昔のままって事でいいですねぇ~   

野面積み (のづらづみ)
城の石垣は中世に多く用いられた「野面積み」といい、主に当地の足立山系から運び
出した自然石(野面石)を使用。
戦国大名で乱世を知る忠興の自慢の一つだったと言われている。

  

で、そこを左に折れ

SN3S0777_20190612104523099.jpg

あの門くぐって左側 (高倉稲荷社)

SN3S0778_201906121045463dd.jpg

右側

SN3S0779_20190612104547848.jpg

画像左側

SN3S0780_20190612104549a47.jpg

左の神社の建物右側に

SN3S0781_20190612104550244.jpg

この岩のくぼみに溜まったくされ水をイボにつけると、そのイボが取れるという言い
伝えがあるそうな。



画像右に

SN3S0782_20190612104552611.jpg

画像右側

SN3S0783_20190612104554054.jpg

画像真ん中、左に折れると開けて右寄り

SN3S0784_20190612105028c43.jpg

ここの神社の正門     で、画像左側が

SN3S0785_20190612105029203.jpg

小倉祇園 八坂神社

元和三年(1617年)細川忠興公により御創建され豊前総鎮守小倉祇園八坂神社と
称えられる当社は、平成二十九年に御創建四百年をお迎え致しました。



小倉城と一緒に創建されたようですね~   凄い





画像右側


SN3S0786_2019061210503188f.jpg

画像右側へ歩いて行きます

SN3S0787_20190612105031453.jpg

画像右の道へ歩いて行くんですが、画像右側の建物

SN3S0788_20190612105033fb8.jpg

歩いて行く道から、八坂神社正面を

SN3S0789_20190612105102141.jpg

では小路的なところに入って行きます

SN3S0790_20190612105512f17.jpg

画像左側の正門

SN3S0791_20190612105514756.jpg

来た道、再度後ろ振り返り

SN3S0792_201906121055157c9.jpg

小路的な (お城周辺)

SN3S0794_2019061210551751f.jpg

左に何かがあった

SN3S0795_20190612105557474.jpg

城内でも紹介されてた、利休七哲(りきゅうしちてつ)の2番の井。

利休の高弟七人のことで、利休七人衆が古い呼称。その顔ぶれは時期により変動が
ある。1652年(承応1)に没した奈良の塗師(ぬし)家松屋久重の編になる『茶道四祖伝書』
に「七人衆」として、加賀の肥前(前田利家(としいえ))、蒲生氏郷(がもううじさと)、
細川忠興(ただおき)(三斎(さんさい))、古田織部(おりべ)、牧村兵部(ひょうぶ)、高山
南坊(なんぼう)(右近(うこん))、芝山監物(けんもつ)の七人をあげているのが初見。
ついで千宗旦(せんのそうたん)の子、逢源斎宗左(そうさ)が1663年(寛文3)夏に執筆し
た『江岑夏書(こうしんげしょ)』に、「利休弟子衆七人衆」として、前七人のうち前田利家に
瀬田掃部(かもん)が入れ替わったほかは同じ顔ぶれをあげ、いずれも武将であることを
敷衍(ふえん)している。利休に数多くいた弟子のうち、武将に限ったものであるが、寛政
(かんせい)期(1789~1801)に板行された『古今茶人系譜』以後になると、織田有楽
(うらく)、荒木村重(むらしげ)あるいは千道安(どうあん)などがあげられるようになり、変動
する。一貫して変わらないのは氏郷と三斎の二人だけである。




通路右側

SN3S0796_20190612105617dcf.jpg

デッカイドウからすると南国感たっぷりに感じる、やしの木がある

通路目の前


SN3S0797_201906121056201ea.jpg

門をくぐる前に、右に見える小倉城

SN3S0798_20190612105621cf9.jpg

画像右側

SN3S0800_20190612105623d82.jpg

画像奥、向こう側から来ました。     では門をくぐります

SN3S0801_20190612105649241.jpg





くぐるその先

SN3S0802_2019061210580949a.jpg

くぐって、右側の池

SN3S0803_201906121058102bd.jpg

画像左上、あちらが地下駐車場から来た方面

SN3S0804_201906121058125cf.jpg

画像右上、小倉城

SN3S0805_20190612105813495.jpg

画像左下

SN3S0806_201906121058147ac.jpg

画像左の建物が市役所。     画像左に見えてる通りに出

SN3S0807_20190612105816f38.jpg

ここから右上、小倉城

SN3S0808_20190612105848589.jpg

いや~~素敵ショット

SN3S0809_20190612105850277.jpg

下の堀も

SN3S0810_20190612105954d10.jpg

では、画像左側にある建物へ次行きます

SN3S0811_20190612105955e10.jpg

その前に画像左側

SN3S0812_20190612105957cd1.jpg

画像左側で、小倉城右、歩いて来た方

SN3S0813_20190612105957dd9.jpg



次回は小倉城庭園のご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  本日のデッカイドウ、昨日と一緒気温だけど風冷たいとか感じ

ないので、湿度高めなのでしょう。過ごしやすいです。


いよいよ明日は会社お休みして健康診断とご用事です。


今朝の体重は、あと500gで元に戻りつつあり、明日間に合うか・・・

って感じです。


今日はババがお休みなので、静かさ~~

何かと慌しくガサツでうるさいので、ほんと静か



来週はいよいよ髪切りに行きます。1年に1回の時期。

で、20cmは切るので、また悲しくなるんだ・・・
(切ってもロング丈だけど・・・)



お盆旅行は、函館に決めました。

繋がりとして、デッカイドウ唯一の松前城・五稜郭へ行ければ

行こうと思ってます。(かな~~り久々よ~)





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















スポンサーサイト



Secret