FC2ブログ
では予告通り4/13(土)Zくん4/17お誕生日の温泉宿紹介です



まだこの時期、雪が残ってるお山方面へ行き (13:55)

SN3S1192_2019062616450941f.jpg

到着して、画像右側へ

SN3S1193_20190626164511f28.jpg

ここは市内にある定山渓(じょうざんけい)温泉奥にある、

奥定山渓温泉 佳松御苑 (かしょうぎょえん)

季(とき)を紡(つむ)ぐ宿
原生林が生い茂る支笏洞爺国立公園内という恵まれた環境に広がる敷地は約三千坪。
先代から受け継いだ庭園と大きな池泉、北海道の原風景と和の心をかたちにした好一
対の自然環境が、ここでしか出会えない季を紡ぎます。
目に見えない風が伝えてくれる四季折々の物語。







駐車場に停めて目の前

SN3S1194_20190626164512a97.jpg

画像右の扉から入ります

SN3S1196_20190626164513855.jpg

扉が開き、14時チェックインでご案内されてるの図

SN3S1195_201906261645153cd.jpg

出入り口から




中に入ると目の前、ロビ~

SN3S1198_20190626164531e53.jpg

画像右側、フロント

SN3S1199_20190626164533405.jpg

画像左、レストラン側

SN3S1200_20190626164534ce9.jpg

目の前右に座って、ウェルカムドリンクを頂き

SN3S1201_2019062616454800e.jpg

ワイングラスで頂く、お茶です。
(お料理時やラウンジでいかがですか?の宣伝です。)

SN3S1202_20190626164550b23.jpg

こちらを頂きました

SN3S1203_2019062616455134c.jpg

流石お高いだけあって、物凄く香って美味しかったです (14:03)
(飲みながら、早くお部屋に行きたくてうずいてた・・・)


フロント側から






やっとお部屋に案内されて (14:15)

SN3S1264_20190626165946402.jpg

照明下のお部屋番号

SN3S1265_20190626165955050.jpg

中に入って中から扉を

SN3S1204_20190626164603d08.jpg

右に写ってる敷居の扉あるんだけど、それから右を覗くと

SN3S1205_20190626164604fd2.jpg

画像左、出入り口扉側で、画像手前にちょこんと

SN3S1206_20190626164614333.jpg

こんな感じの玄関的で、画像上の先程の扉を開けると

SN3S1207_20190626164634433.jpg

トイレ          左側

SN3S1208_2019062616463620f.jpg

画像左側に手洗い場

SN3S1209_20190626164637376.jpg

画像上、鏡

SN3S1210_201906261646533b3.jpg

ではこの立ち位置後ろを振り返り (トイレ側から)

SN3S1211_20190626164740c91.jpg

あの下駄箱を開けて

SN3S1263_2019062616593614d.jpg

画像左隣には、クロ~ゼット

SN3S1212_20190626164742a65.jpg

画像左側奥先

SN3S1213_20190626164743a19.jpg

画像左側

SN3S1214_201906261647458ee.jpg

開けて、布団入れの押入れ

SN3S1215_20190626164746de2.jpg

右側のクロ~ゼット右側を開け

SN3S1216_20190626164748171.jpg

画像下部分

SN3S1217_20190626164804130.jpg

引き出し、上から浴衣

SN3S1218_20190626164806135.jpg

下に寝巻

SN3S1219_20190626164807c50.jpg

左側の扉を開け

SN3S1220_20190626164819b4e.jpg

下部分

SN3S1221_20190626164836cff.jpg

引き出しの中身

SN3S1222_20190626164838d0c.jpg

画像左側、クロ~ゼット左隣にはデスク

SN3S1223_20190626164847c98.jpg

離れて全体図

SN3S1224_20190626164857ddb.jpg

デスクの上

SN3S1225_20190626164913fab.jpg

デスク全体図の右側に (お布団入れ押入れの右側)

SN3S1226_201906261649232e3.jpg

画像左のロ~カから入ってきまして、この扉を開けます

SN3S1228_201906261649253c3.jpg

上は何も無く、真ん中

SN3S1229_20190626164946c93.jpg

引き出せて、真ん中にあるお茶類、全部持ち帰えって会社で

飲んでます。


SN3S1230_201906261649487ba.jpg

左側のカップは、残念ながらあっしの大好きなノリタケではない・・・

SN3S1231_20190626164949a94.jpg

下には冷蔵庫で

SN3S1232_20190626164950aca.jpg

無料と謳われる全部飲んでもいい物だけど、料金に入って支払

ってるでしょうから余ったら持ち帰った。


SN3S1233_20190626164952037.jpg

この食器棚的な右側を

SN3S1234_20190626165003fac.jpg

右側から全体図

SN3S1235_201906261650054bd.jpg

右側のサイドテーブル

SN3S1236_20190626165019060.jpg

下の引き出し

SN3S1237_20190626165021b9e.jpg

左のサイドテ~ブル

SN3S1238_20190626165022c90.jpg

ベッド前にあった空気清浄機 (これはあると嬉しい)

SN3S1239_2019062616502440e.jpg

ベッド部屋から右隣のリビングを

SN3S1240_201906261650369c6.jpg

このお部屋は、【紅 バルコニー付】
(展望温泉付の和スイートルーム&バルコニー)






画像左

SN3S1241_20190626165037ab7.jpg

和室のリビング空間と寝室が独立し、「紅色」を基調としたゆとりの空間。
寝室のベッドルームにも畳を使用し、
客室内は靴を脱いでお寛ぎ頂けます。
また、ベッドには、英国生まれの上位モデル「スランバーランド」を採用。
快適な寝心地をご体感ください。

□バルコニー付□
太古からの森を目の前にしたバルコニーには、チェアを設置。
ただ森を眺めたり、本を読んだり・・お好きな時間をお過ごし頂けます。

□全室「森の展望風呂」付客室□
全室が国立公園の太古の森に面しており、包みこまれるような特別な景観は四季によって
その彩りもかわり身近に楽しめます。
自家源泉100%の浴室からもその壮大な景観をご覧頂けます。
四季折々の自然絵画のような景色に包まれた時間お過ごしください




右側

SN3S1242_20190626165039a1d.jpg

目の前の窓外は雪・・・

SN3S1243_201906261651395c8.jpg

画像左側

SN3S1244_201906261651390b5.jpg

あの扉を開けると

SN3S1245_20190626165141d49.jpg

テレビが登場し、収納されてました。       TVの後ろの外

SN3S1246_201906261651435b0.jpg

池があるんだけど、雪まみれ・・・        右側のバルコニー

SN3S1247_20190626165144586.jpg

ソファ~方面を

SN3S1248_20190626165645b94.jpg

ベッド方面からテ~ブルを

SN3S1249_20190626165706726.jpg

あのお茶請け達を、ソファ~側から

SN3S1250_2019062616570865a.jpg

ここであの甘酒をゲト~してた・・・          画像下部分

SN3S1251_201906261657092c3.jpg

ではでは、リビング右側にあるユ~ティリティ~を

SN3S1252_20190626165725e12.jpg

ここにもタオル乾かすのがあり、画像右側

SN3S1253_2019062616572719b.jpg

洗面台

SN3S1255_20190626165746429.jpg

下の真ん中ゴミ箱と、右の引き出し上、アメニティ~巾着

SN3S1256_20190626165747300.jpg

引き出し下、ドライヤ~

SN3S1257_20190626165749221.jpg

そしていよいよ、画像左の正面

SN3S1254_2019062616572704f.jpg

扉開けまして、まぶし~~~

SN3S1258_2019062616580188f.jpg

雪があるので、逆光状態・・・

SN3S1259_20190626165810816.jpg

右側

SN3S1260_20190626165823d28.jpg

SN3S1261_20190626165833056.jpg

SN3S1262_201906261659342e2.jpg

なかなか良かったですよぉ~










次回は館内探検編です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  あたくし、皆様とネットワ~クでいろいろお付き合いさせて

頂き、いろんな考え方を学ばせて頂いてるので、固定観念に

縛られてたあっしでも今では人それぞれ・・・って思う様になり、

更に友人ともそれぞれの考え方があると思いながら、それに

合わせて付き合って参りました・・・


しかしながら、前記事でもお話させて頂いた通り、皆様の更に

お考えを頂いたお陰でやっぱり我慢してまで付き合うことは無い

な・・・と思い、明日の呑み会、あっしからお誘いしておきながら

やっぱり無理で中止にしました・・・


良く考えれば、ナンパ事件から友人と二人で呑むのを避け

て3人で呑んでたんだった・・・と思い出し・・・


なので今回の二人呑みは1年振りになるんだった・・・


Zくん曰く、まだ二人だけ呑みは無理だと思ってたって・・・


忘れてたおwww     

3人目の市外からの高校時代から友人と呑んでたから。


今回市外からの友人はダメだったので二人になったけど、なん

かイライラしちゃって全然ダメだったの。


行ったところで、全然笑えないだろうし、面白くないだろうし・・・


なのでちょっと嫌味言って、まだ無理やめよ・・・って言って喧嘩

して終わりました。


その後、昨夜市外の友人にその旨メルでお知らせし、残念がっ

てたけど無理だわ・・・って事で、経緯も話して知ってるからその

ままにしておいて・・・って言う感じになってます。


全体的には時間をまだ置きます・・・って事になってるけど、

あっしは疎遠を選びました・・・


あっしをあれだけ好んでいっぱい一緒に遊ぼ!って言ってた

から、あっしすぐ信じてすぐさま行動起こそうとするある意味

ピュア?なぽんなので、それで呑み会以外を誘うとダメ・・

ばかりで全部断られ続けてたの・・・


昔っからそうやっていろんな人に裏切られてきてるので、大人

になってもこれじゃ嫌だ!って思って限界が来たって感じ・・・


ここでも何度もお話させて頂いて、いろんな方にいろんな考え方

教わってきたけど、全体的に友人は図々しいみたい・・・


図々しい人、あっしダメなのよ・・・


そうゆう人に合わせて気を使って・・・ってバカ臭くなるので・・・


それに当たったみたい・・・


元々友人♂を通して近所に居る事が発覚し、ならといろいろ

お誘いしてたけど全部断られ続けてた子供幼い頃・・・


そして急に4年前になるのかな?あっしが仕事中にランチしない?

ってメルが来て・・・


そこからあっしフル仕事だおって事で、じゃってあっしが呑み会

を段取りしたのが始まり・・・


なので高校は一緒だけど、大人になってからの友人って感じ。


その高校、バカ学校なのであっしは進学したからその後、高校

の友人は全て縁切りの様に合わないので会わなくなり・・・


市外の友人だけは連絡したり、子供が小さい頃おうちに遊びに

行ったりして交流があったのです。



明日の呑み会、喧嘩して中止にしたけど、他の友人を捜し捕ま

った人居たので、その人と呑みます


その人は、Zくんの高校サッカ~部仲間の奥たま、仲良し3人組

の一人がたまたま急遽なのに捕まったのだ~~


3月に家族同士で3組昼呑み会をした時に、「私友達居ないの

~誘って~~」って言ってたお言葉に甘えてみて、お誘いして

みたら急遽明日なのにくれた


しかもZくんってあっしの2つ年下なので、その奥たま友人も

Zくんと一緒なので、年下。


お誘いした途端、めっちゃ喜んでくれて、いこういこう!!って

なってくれて、すぐさまお店選びで今朝6ヶ所も選んでくれて

提供してくれたお


そして今日の昼休み迄にあっし選んでみて、昼休みに即効ネッ

ト予約してくれたお!速い!!!


近所の友人と全く違って、なつっこくって年齢差もあるし、旦那

様同士の繋がりだったから、気を使ってくれるし付き合いやすい


そして奥たま仲良し3人組なので、も一人にもダメもとでお誘い

してダメだったけど、近所の友人の件でちょっとお話して聞いて

もらってたら、同じくされたこともあったらしくそれでなんだか

気持ち楽になり・・・


考え方同じなので、やっぱり喧嘩後って何度も思い出しては嫌な

思いするのがしばらく続いたって言ってて同じだなぁ~って思い、

女性って共感してくれると和むじゃない☆  それになった気が

します。


周りに子供が出来て、友人が少なくなったぽん・・・


これ以上居なくなって欲しくないお・・・



長くなりました・・・





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















スポンサーサイト



Secret