FC2ブログ
では予告通り7/6(土)ぽんのお誕生日温泉宿のご紹介です



15時チェックイン目掛けて高速で直行しまして、途中の景色 (12:55)

SN3S0042_20190903152719b12.jpg



高速降りて、お宿付近のデカい大橋 (14:45)

SN3S0043_201909031527219ef.jpg

十勝中央大橋


と言う事で、画像右寄り奥に見えてる緑のお屋根の建物へ行き

ます


SN3S0044_20190903152722144.jpg

最初、入り口わからなくて画像右側川なんですが、この辺のお宿

は入り口大抵左で川側じゃないんですよ・・・
(14:47)

SN3S0045_20190903152723898.jpg

かなり久しぶりで、リニュ~アル前に来てるので忘れてる・・・



あっし先に中に入って、Zくんは駐車場へ



今回選んだお宿は、十勝川温泉 第一ホテル

湯と真ごころが息づく、感動の宿。
こんこんと湧き出るやわらかな湯の恵みは、美人湯と呼ばれる日本で唯一のモール温泉
十勝の豊かな自然に囲まれた、ここ「豊洲亭」ではこだわりのお料理、露天風呂付き客室、
専用ラウンジをご用意してお待ちしております。 和モダン館「豆陽亭」には、和の安らぎ
を大切にしたお部屋もございます。十勝川温泉 第一ホテルくつろぎのひとときを心ゆく
までお愉しみください。




大昔も「豊洲亭」と「豆陽亭」の二つの館に分かれていたのですが、

大昔泊まった館は「豊洲亭」で、唯一お部屋に露天風呂が付いて

たお部屋に泊まりました




客室は12.5畳のゆったり広め。


しかし、リニュ~アルしてから、このお部屋は今だ残ってるんだけ

ど「豆陽亭」の館となり、大昔「豆陽亭」だった館を「豊洲亭」と逆

にし、今回も「豊洲亭」に泊まりました






では、待ってる間に館内に入って右側

SN3S0047_201909031527274a6.jpg

あのカウンタ~は



テラスや足湯の他に屋内バーカウンター、ラウンジもご利用ください。


カウンタ~画像右側奥に、キッズプレイルームがあります。

ドイツ・HABA社の玩具をメインに揃え、やさしい木のぬくもりを感じられる遊具は、
見て、触って、遊ぶ事でお子様の知育に役立つ設計となっております。 
※授乳室のご用意もございます。



カウンタ~を左にした画像の、右側野外は館内ご紹介の時に





このフロア左側、お宿入って目の前右寄り

SN3S0048_20190903152728030.jpg

画像右側がカウンタ~バ~


画像奥右折がお部屋への方向、画像左側

SN3S0049_20190903152730d6b.jpg

画像奥左折がお食事処方面     画像左側がフロント

SN3S0050_201909031527328d8.jpg

入り口入って前進みながら、右後ろのカウンタ~バ~をもう一度

SN3S0051_20190903152732edf.jpg

画像右側、出入り口

SN3S0052_201909031527342b1.jpg

入り口入って目の前奥

SN3S0055_20190903152803717.jpg

画像左側

SN3S0053_2019090315274588c.jpg

右側 (右、チラ見え売店)

SN3S0054_20190903152802dca.jpg

画像左寄り

SN3S0056_20190903152804a99.jpg

右に見えてる、館内案内図

SN3S0057_20190903152806fa4.jpg

反対の、お食事方面左側を

SN3S0058_20190903152808fb1.jpg

画像左にお酒 (ボケた・・・)

SN3S0059_201909031528096f2.jpg





ではいよいよ、Zくんが駐車場から戻ってきたので、ご案内が

始まりまして、先程のチラ見えしてた売店左側の通路を通り

(大昔泊まったデ~タ残ってた・・・)



おみやげ処「玉手箱」 十勝川温泉はもちろん道内・十勝のお土産品など多数ご用意


画像通路左側には



十勝川温泉 ベーカリー
十勝の名産品がたくさん詰まった焼きたてのパン。ホテル館内にある工房で毎朝手作り
をしています。朝食ビュッフェでも数十種類以上をお召し上がりいただく事ができ、お土産
処でも販売しております。




この通路奥突き当たり右折して、左折すると専用入り口

SN3S0060_201909031528419e3.jpg

あそこにお部屋カ~ドキ~をかざしたら開きます

SN3S0061_20190903152907ce1.jpg

画像左にエレベ~タ~


この「豊洲亭」はチェックイン手続きが専用のプレミアムラウンジ

で行われます。


「豆陽亭」は先程のカウンタ~バ~でチェックイン。




プレミアムラウンジは3階にあり、エレベ~タ~降りて右側

SN3S0062_20190903152908272.jpg

画像上、天井

SN3S0063_20190903152910f25.jpg

画像左下 (エレベ~タ~前)

SN3S0064_20190903152911a95.jpg

エレベ~タ~降りて目の前

SN3S0065_20190903152912882.jpg

降りて左側へ行きます

SN3S0066_20190903152914191.jpg

右に折れて、プレミアムラウンジへ

SN3S0067_2019090315291507c.jpg

中、目の前

SN3S0068_20190903152917427.jpg

【プレミアムラウンジ】 お客様のお出迎えは、プレミアムラウンジで。日常を離れた
特別な時間が、ここから始まります




画像左側にエステ

SN3S0069_20190903152919cc1.jpg

【アロマテラピーサロン ラフィーネ】 豊洲亭ご宿泊の方は、プレミアムラウンジ内に
ある専用サロンにて、ゆったりと施術。※ご夫婦で、カップルでのご利用も可能です。
14:00~最終受付21:00






ラウンジの奥窓辺

SN3S0070_20190903152930372.jpg

まずは画像左側へ座り

SN3S0071_20190903152932a63.jpg

ウェルカムドリンクを頂きます (ウェルカムスパ~クリングロゼ)

SN3S0072_20190903152942745.jpg

チェックイン手続きをしながらいろいろご説明されてるのをZくんに

任せ、あっしはあっしの右後ろを


SN3S0073_20190903152953954.jpg

画像左側

SN3S0074_2019090315301019d.jpg

左のミニケ~キ類 (苦手なので食べられるケ~キがそんなににゃい・・・)

SN3S0075_2019090315301230b.jpg

画像右側

SN3S0076_20190903153013a6e.jpg

引いて全体図

SN3S0077_201909031530155ed.jpg

ウェルカムサービス 15:00〜17:30
ご到着時に、季節のフルーツドリンクやスパークリングワインなど、旅の疲れを癒すウエ
ルカムサービスをご用意しております




出入り口方面

SN3S0078_201909031530162f9.jpg

この立ち位置左側

SN3S0079_20190903153031f10.jpg

画像左側

SN3S0080_20190903153032d6f.jpg

【プレミアムラウンジ】 上質な時間を過ごして頂くために、洗練された多ジャンルの
小説、雑誌、CD等を常備しております。お部屋への持ち出しも可能です。お気軽に
ご利用ください。





画像左の窓外を

SN3S0081_20190903153034644.jpg

先程通ってきた、十勝中央大橋     画像左側後ろ

SN3S0082_20190903153035bdd.jpg

あっしの席から、右寄り目の前 (画像右側が出入り口)

SN3S0083_2019090315310006e.jpg

テ~ブル

SN3S0084_201909031531029d7.jpg

この時点で15時になり、段々とZくん、早くお部屋に行きたい・・・と

うずいてくる・・・


SN3S0085_201909031531034ef.jpg

あっしの左側の景色で、ミニケ~キをアフタヌンティ~の様に

チョイス


SN3S0086_20190903153104d96.jpg

一番下はチ~ズとサラミ (15:04)


お酒も自由に呑んでいいのら。    ビ~ルはミニ缶なんだけど、

湯上りにそのビ~ルをコップにどんどん開けて一人で5缶以上

呑みまくってる輩が居て、ちょっと下品に見えました。


大量に置いてはいない、品のあるプレミアムラウンジなので、

そのガバガバ呑む輩にイラっときた。







次回はようやと案内されたお部屋のご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




本日のAM3時頃に昨年デッカイドウ大地震が起きた日で、昨夜

寝るのになんだか不安と怖さがありました・・・


そんな中で寝てるから明るくなって来た時、あ~3時過ぎたんだ

なぁ~・・・って思い安心し二度寝したら夢を見、マンションに引っ

越して2階なんだけど地震がおきてぐらんぐらんわざと揺れる

設計で建ってる遠くに海が見えるマンションだったって夢見た・・・



この間お話した薬価改正に伴うあっしは新薬価・原価入力に

営業は得意先の単価変更見積もり作りで大忙しなんだけど、

あっしからすると若者3人組の年上(主任)がまさかの時間が無い

(18:30退社する)から新所長見積もり作ってと言う得意先が

あって、出来ないって言うところがゆとり世代だなぁ~・・・って

思ってたら、「ポスト団塊ジュニア世代」の3人組だった。


他の2人は残業して家に持ち帰ってやってるくらいなのに・・・


あ!一番年下はまさにゆとり世代で、声小さいしいっちょまえな

意見言うけど挨拶出来ないいつもニタニタした人だな。


出来ない・・・と言った事に、新所長が裏で文句(あっしに)言い

ながらやってあげる精神のこれまた全部自分でやってしまうダメ

上司。


文句言うなら、ある程度やらせてた上で手伝ってあげると言う

上司的接し方にすれば良かったのに・・・ってあっしは思った。


が、言わなかった・・・   勝手にやってって思った(笑


新所長は元営業から上がったので、自分でやってしまう傾向が

あるのだ・・・   


若いのにやらせないと育たないおって言った事もある。


今迄担当してた得意先に、ご無沙汰してますと言って営業したり、

訪問したりするのは、も~~若い奴らにさせないと


だから甘えて育たない・・・


新所長もそうゆう上司を見てきたのに、どうしてまた繰り返すの

だろうか・・・


年老いた人の事をあ~だこ~だ言ってた若かったあっしらがその

年代になるとなぜそうなるのだ・・・


どうして世の中は世代が変わってもその世代の悪いところがその

まま繰り返されるのだ・・・


いろんなことで思うのです・・・


なんだろねぇ~・・・





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















スポンサーサイト



Secret