FC2ブログ
では予告通り浜松城内のご紹介です


前記事の続きで、浜松城内に入りますと目の前に

SN3S0949.jpg

天守門を140年ぶりに復元。出世城と呼ばれた浜松城
往時の石垣の上に新天守閣が再建された浜松城。
展望台からは浜松市街を一望、城内には家康と城下町浜松にまつわる歴史的資料、
武具などを展示しています。


永禄11年(1568)、三河から東進し、今川領の制圧を開始した徳川家康。家康は、駿府に
攻め込んできた武田信玄の侵攻に備え、遠州一帯を見渡せる三方ヶ原の丘に着目しま
した。天下を盗るためには、まず信玄を倒さなければならないと判断した家康は、元亀元
年(1570)、岡崎城を長男の信康に譲り、三方原台地の東南端に浜松城を築城、駿遠
経営の拠点としました。


SN3S0950.jpg

徳川家康の3D像
2015年 徳川家康公400年記念事業として制作された30歳前後の等身大家康像。 「手相
・しわ・毛穴」まで再現され、今までにない家康公の姿を披露しています。是非ご 覧ください。


SN3S0951.jpg

画像左側だったはず・・・

SN3S0952.jpg

確か画像左裏

SN3S0953.jpg

城内入って真ん中に階段で(画像右側出入り口)

SN3S0954.jpg

画像左回りをし

SN3S0955.jpg


2階へ登り、浜松城周辺のジオラマを写し

SN3S0956.jpg

浜松城と城下町の模型
天保年間(1830~43)の浜松城と城下町の様子を縮尺600分の1で再現(ナレーション
解説付き)。



階段左横に鎧

SN3S0957.jpg

画像左側に歴代城主の年表

SN3S0958.jpg

やはり初代は徳川家康(若き日と言ってももぉ~31歳)

3階に上ったら

SN3S0959.jpg

浜松城天守閣
北に三方ヶ原古戦場、南に遠州灘、西に浜名湖、晴れた日には、東に富士山もくっきり
見えます。


SN3S0960.jpg

画像左に

SN3S0962.jpg

(戦国バサラと言うゲ~ムのキャラクター)

反対側から

SN3S0961.jpg

画像左側の東側を

SN3S0963.jpg

目の前、二の丸だった小学校グラウンド

SN3S0964.jpg

画像右側、浜松市役所

SN3S0965.jpg

SN3S0001_2018052213500794c.jpg

富士山はくすんでてちっとも見えませんでした・・・

下、入って来た門

SN3S0002_2018052213500915e.jpg

手前のお屋根を

SN3S0003.jpg

天守閣のお屋根内側

SN3S0004_20180522135010c4f.jpg

徳川家康の築いた浜松城の城郭は南北約500m、東西約450m。三方ヶ原台地の
斜面に沿い、西北の最高所に天守曲輪、その東に本丸、二の丸、さらに東南に三の丸と、
ほぼ一直線に並ぶ、「梯郭式」の築城法をとっています。「梯郭式」とは、各曲輪が隣接
しながら、階段状になっている様式のことで、本丸の背後が自然の防衛線になるような
城に多く見られます。



確か2階部分の展示鎧

SN3S0005_20180522135031f68.jpg

SN3S0006_20180522135033560.jpg

天守閣地下に残る井戸

SN3S0007_201805221350339cb.jpg

地下にある井戸は直径1.3m、深さ1mで、籠城の際、貴重な水を確保するためのものだった
と言われる。


SN3S0008_20180522135036feb.jpg


見学終わってお外に出、城内出入り口左側面下を

SN3S0009_2018052213504763c.jpg

SN3S0010.jpg

画像左側に井戸

SN3S0011_20180522140121cc9.jpg

SN3S0012_201805221401232b5.jpg

左側面側から浜松城を

SN3S0013_20180522140124925.jpg

画像右側が入って来た門で、その上見学出来ます(有料)

SN3S0014_201805221401258d8.jpg

天守門入り口へ行く途中で、浜松城全体図が美しく撮れるので

SN3S0015_20180522140127658.jpg

浜松城には、藩政260年の間に25代の城主が誕生しました。在城中に幕府の要職に
就いた者も多く(老中5人、大坂城代2人、京都所司代2人、寺社奉行4人※兼任を含む)、
浜松城は「出世城」と言われるようになりました。なかでも有名なのが天保の改革を行った
水野越前守忠邦。天下統一を果たした家康にあやかって、自ら進んで浜松城主になった
と言われています。



で、画像右側に天守門入り口があります

SN3S0016_20180522140128bf3.jpg

あの入り口付近を

SN3S0017_20180522140128df8.jpg

中を写してみた

1_20180522151259300.jpg

門の上なので、有料だし少々だしで見学しませんでした。

天守門は天守台の東に位置する艪門(やぐらもん)で浜松城の特徴的な存在。
(平成26年3月復元)



門を出て左上に

SN3S0019_20180522140133cec.jpg



ここで買ったお土産品は

SN3S0468.jpg

いい感じの置物がここでも無かったのでマグネットタイプ


そして、これは買っておこうと思い

SN3S0483.jpg

小豆餅と銭取
浜松市内には、三方ヶ原の合戦にまつわる地名が残っています。たとえば、「合戦に
敗れた家康軍は逃げ帰る途中に空腹をおぼえ、1軒の茶屋に寄って小豆の餅を食べて
いました。そこへ追ってきたのが武田軍。家康は慌てふためき代金も払わず茶屋を飛び
出しました。驚いた茶屋の老婆は、数キロ先まで追いかけて、代金をもらうことに成功
しました」…そんなことから、この茶屋のあった場所を「小豆餅(あずきもち)」、老婆が
お餅の代金を受け取った場所を「銭取(ぜにとり)」と呼ぶようになったそうです。


SN3S0484.jpg

【御菓子司 あおい】小豆餅

SN3S0485.jpg

SN3S0486.jpg

浜松の地名にもなっている徳川家康公ゆかりの出世大福

SN3S0487.jpg

包まれてる包みを外すと

SN3S0488.jpg

SN3S0489.jpg

SN3S0490.jpg

あっし好みで美味しかったです

SN3S0491.jpg



次回は三方ヶ原の合戦での犀ヶ崖のご紹介です




にほんブログ村 本日も行って帰って来るクリックいいね
感覚で(登録してないので・・・)宜しくお願い致します 

皆様の応援で順位が随分と変わり、皆様と順位を上げてる事が
感じられて嬉しいです




  本日のデッカイドウ、26℃でPM2.5のお陰で窓開けてません・・・

帰宅後、一瞬空気晴れるので、その時におうちの中空気入れ

替えします



昨夜は予定外のZくん早い帰宅で、あっし、消灯時間遅くなり

寝不足・・・   定期券買う為早く退社したそうな。



今宵は早寝しようっと・・・出来るかなぁ~・・・



例の買えなかったBlu-ray レコーダー新作出たけど、別に

スマホ対応出来る様になったくらい・・・


前のでいいんですがぁ~~~~





にほんブログ村

読んで頂けたらポチ♪応援、宜しくお願いします
















スポンサーサイト



Secret